2022年05月21日

「劇場版 美少女戦士セーラームーンEternal」(1)

 やっとのこと、セーラームーン全話見直し・制覇のきっかけになった“Eternal”の鑑賞を終えました。劇場版ということで、原作第四期を短くまとめてあるだけに、いまひとつあっさり感はぬぐえませんが、楽しめました。特に前編と後編の冒頭部がいいですね。サターンが活躍してくれるのが嬉しいです。



 「劇場版 美少女戦士セーラームーンEternal」は2021年に東映から公開された“Crystal”の劇場版作品。原作の第四期 デッド・ムーン編を映画化している。前編・後編の構成になっているが、公開はタイムラグを設けてはいるが同時。原作・総監修は武内直子「美少女戦士セーラームーン」、監督は今千秋。脚本に筆安一幸、キャラクターデザインに只野和子、音楽に高梨康治。制作は東映アニメーション、スタジオディーン。製作は劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会、配給は東映。前編・後編各80分。

★ストーリー
 劇場版ということで尺も短いですから展開はスピーディ。テレビシリーズとは設定も大きく違って面食らいました。前編は導入部とデッドムーンが現れた経緯、内惑星セーラー戦士のバージョンアップ。後編がいよいよ核心の戦闘となります。前編で設定に関して十分解説カットに時間を取ってあるせいか、後編の戦いも以前の全作品に比べて敵がやられてもやられても復活してくるしつこい演出はなくてすっきりしていて見やすいです。


劇場版公開に合わせて「HOT PEPPER」の表紙を飾りました。(2021年1月)
posted by KAZU at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189548711

この記事へのトラックバック