2022年05月02日

「美少女戦士セーラームーンCrystal」(5)

★主題歌
◎オープニング
〇「MOON PRIDE」(第1話〜第26話)



 キャラクター名や関連語句が出てくるわけではなく、イメージ的な曲ではあるのですが、さすがに本作のために作られた曲。アニメ主題歌の王道を行く秀曲。です。歌詞に合わせたオープニング映像も素晴らしい。第1期と第2期に使用されたので、後半部の映像はストーリーに合わせて差し替えられている。作詞・作曲・編曲共にRevo、歌はももいろクローバーZ。

〇「ニュームーンに恋して」(第27話〜第38話)
 SeasonVで使用された。オープニングらしからぬ静かなイントロで始まるが、メインはテンポのいいリズムで刻まれていく。1期2期に比べるとファンタジックな印象の映像が流れる。特に3期はセーラー戦士の飛行が通常になり飛行シーンが多くなっている。ボーカルは、やくしまるえつこ (Act.27-29,38)、堀江美都子 (Act.30-33)、ももいろクローバーZ (34-37) と3バージョン。それぞれ個性的で好みの分かれるところ。僕はももクロバージョンがいいかな。作詞・作曲 / ティカ・α、編曲 / やくしまるえつこ、山口元輝。

◎エンディングテーマ
〇「月虹」(Act.1-26)
 第1期と第2期に使用された。ニュープリンセス・セレニティとキング・エンディミオンの二人を水面に写った姿と水紋を交えてイメージ的に描いたエンディング映像と共に流れる。ももいろクローバーZのハーモニーを利かせた一曲。作詞 / 白薔薇 sumire、作・編曲 / 小坂明子、歌 / ももいろクローバーZ。

〇「eternal eternity」(Act.27-29,38)



 第3期の第二の主人公であるウラヌスとネプチューンによる歌唱。ウラヌスの男声が魅力的です。大原さやかさんは余りキャラクターソングを聞いたことがないのですが、歌お上手ですね。映像は勿論ウラヌスとネプチューン。作詞 / meg rock、作・編曲 / 齋藤真也、歌 / セーラーウラヌス(皆川純子)&セーラーネプチューン(大原さやか)。

〇「乙女のススメ」(Act.30-33)



 ちびムーン、ルナピー、ダイアナで描かれる映像をバックにちびムーンの歌うキャラクターソング。作詞 / こだまさおり・小西康陽、作・編曲 / 小西康陽、歌 / セーラーちびムーン(福圓美里)。

〇「永遠だけが二人を架ける」(Act.34-37)



 3つ目のエンディングはタキシード仮面によるキャラクターソング。特に最後にタキシード仮面の活躍の場があるわけでもないのに、このエンディングはちょっと面食らう。テレビシリーズと声が一番違和感のある感じがする衛=タキシード仮面。野島さんの歌はなかなかかっこいい。作詞 / 松井五郎、作・編曲 / 大森俊之、歌 / タキシード仮面(野島健児)
posted by KAZU at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189507530

この記事へのトラックバック