2020年08月07日

「一騎当千 Western Wolves」(1)



 「一騎当千 Western Wolves」(一騎当千WW)は2019年に制作・放映された「一騎当千」シリーズの第7作目。「一騎当千 Extravaganza Epoch」の続編。DVD発売を前に第1話、第2話がオンエアされている。総監督は渡部高志、監督はサトウ光敏、シリーズ構成・脚本に本田雅也、キャラクターデザインにりんしん、音楽は高梨康治、制作はArms、製作は一騎当千WWパートナーズ(ジェンコ、KADOKAWA、少年画報社、ブシロード)。全3話。
 伯符と曹操が奪われた勾玉と奪還するため、無傷の成都学園の面々を中心に南陽、許昌が関西へ修学旅行へ出かける。張飛が「蛇矛」(じゃぼう)を得て一時的にCランクから一気にSランクに目覚め勝利するが勾玉の奪還はならずに終わる。更なる続編が待たれる形で幕を閉じている。前作にもまして露出が多く、上半身裸は当たり前。ここまで見せられると下品ささえ漂う。

★ストーリー
 伯符と曹操が勾玉を奪われてしまい、周瑜公瑾は成都を訪ねて勾玉奪還の協力を要請する。無傷の成都ではあったが、周りは反対する。しかし頭主・劉備玄徳は関西へ乗り込むことを決意する。勾玉を奪われたショックでメンタルの弱さを露呈する伯符を置き去りに、許昌の3人も合流して、奈良に乗り込む。宿泊先を蘆屋道満に襲撃されて式神のキツネでバラバラにされる面々だったが、めざす大和学園で集結、Sランクに目覚めた張飛益徳の活躍で卑弥呼を倒すことができたのだが…。残念ながら卑弥呼は呪式によるもので本物でなく、孫策と曹操の勾玉を奪還することはできなかった。

★キャラクター&キャスト
◎南陽学院
 本作では関東に残った伯符の前に妹・孫権仲謀が姿を見せる。
◇孫策伯符:浅野真澄
 勾玉を奪われ怯える。曹操と話して、仲謀と出会うことで戦闘意欲を取り戻す。終盤、関西に向かうが実はまちがって北に向かっていたというのはご愛嬌。

◇周瑜公瑾:日野聡
 頭主思いの公瑾が諸葛孔明に頭を下げる姿が印象的。

◇呂蒙子明:甲斐田裕子

◇孫権仲謀:大橋彩香



 伯符の妹。諸葛孔明の言葉に今後の仲謀の活躍が暗示される。下級闘士に囲まれた伯符を助けようと登場する。テレビシリーズとは異なる設定になっている。
posted by KAZU at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187780381

この記事へのトラックバック