2019年07月30日

無声慟哭



 面相筆、烏口、ディバイダ、雲形定規使って描いていたのは30年以上前。ツールはパソコンになったけどスキルは積み重ねなんですよね。

 人の命が奪われたことは勿論ですが…
 積み重ねられた“丁寧な仕上がり”を生み出すスキルが一気に失われたことが無念でなりません。

 写真は二度目の宇治への「聖地巡礼」の時に。
posted by KAZU at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186348273

この記事へのトラックバック