2019年04月30日

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(8)

★主題歌
 少し間が開いてしまいましたが、やっとフルコーラスで主題歌を聞くことができましたので、主題歌を一気に。

○オープニング
 ご存知「宇宙戦艦ヤマト」です。「宇宙戦艦ヤマト2202」は故・宮川泰さんの息子さん宮川彬良さんの編曲。
 第1話はオープニングなしで本編開始。第2話〜第13話は宮川彬良さんお得意の吹奏楽のバージョンで演奏されます。宮川泰作曲、宮川彬良編曲、演奏はオオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ。重厚さよりも軽快さが際立った編曲です。
 後半第14話〜第25話はささきいさおさんの歌うボーカルバージョン。「2199」と同じではなくて「2202」で新録しているそう。聞き比べると違いが出ていますね。「2199」のさらっとした歌い方と違い「2202」ではオリジナルに近い感じがします。もちろんそれでも1974年のオリジナルから50年以上も経過している訳で、あの勇壮な歌は望むべくもありませんが。歌詞はイスカンダル編完結の後なので2番を採用。ちなみに最終話でもオープニングはありませんでした。

○エンディング
 エンディングは内容に合わせて曲想を変えた曲を採用。劇場版とTV版では構成に違いがあります。

◇「月の鏡」(第1話〜第5話、第16話〜第18話)



作詞・作曲・プロデュース / S.E.N.S. Project、歌 / テレサ(神田沙也加)。
 歌唱がテレサになっているのでキャラクターソングです。最初の5話で流れるので印象が強いですね。テレサのイメージがよく出ていると思います。



◇「君、ヒトヒラ」(第6話〜第10話)
プロデュース / S.E.N.S. Project、作詞 / 有馬詩乃、作曲 / カワノミチオ、歌 / ありましの。
 イントロなしでいきなり始まるタイプ、各エピソードの終了と同時に視聴者の気持ちをそのままつかんで次のエピソードに引き込んでいくような不思議な魅力があります。

◇「CRIMSON RED」(第11話〜第15話)
作詞・作曲・プロデュース / S.E.N.S. Project、歌 / 星野裕矢。
 イントロが不安を掻き立てるのですが、歌詞は上向きです。

◇「大いなる和」(第19話〜第25話)



 作詞・作曲・プロデュース / S.E.N.S. Project、歌 / 山寺宏一。
 山寺さんがPVでおっしゃっているように、自身が演じたデスラーとは直接関係のない楽曲になっています。
 自分が子供の頃見たアニメのヒーローを演じた声優さんたちは次々と鬼籍に入る年齢に達し、学生時代に見たアニメのヒーローを演じた声優さんが超ベテランになった今、同年代の声優さんでは一番大好きで尊敬する山寺さん。歌もめちゃ上手いです。

◇「ヤマトより愛をこめて」(第26話)



作詞 / 阿久悠、作曲 / 大野克夫作曲、編曲 / 宮川泰、歌 / 沢田研二。
 エンディングにこの曲が流れ始めた時は「さらば宇宙戦艦ヤマト」を思い出して感動しました。かの作品では多くのクルーを失ったあと、古代と雪は反物質のテレサと共にガトランティスへ飛び込んで消滅、文字通り消滅したそのあとに流れる曲ですからね。音源は「さらば宇宙戦艦ヤマト」当時の音源を使用しているとのこと。沢田研二ほどのスターが曲のタイトルに「ヤマト」を入れるかどうかで一悶着あったのを思い出しました。もう、そんなことはどうでもいいですね。名曲です。
posted by KAZU at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185932739

この記事へのトラックバック