2019年04月23日

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(7)



※キャラクター&キャストの最後はガトランティス。

○ズォーダー / 手塚秀彰
 現ガトランティスの大帝。全戦闘員がクローンによる人工生命体で生み出されるガトランティスにおいて特異な存在。先代はガイレーン、次世代にはミル。すべての記憶を受け継ぐとして回想が現代本人のものか分からないところが、存在そのものを理解し難くしている。

○シファル・サーベラー / 甲斐田裕子
 「白銀の巫女」の名で呼ばれる。ガトランティス中枢部を操ることのできる唯一の存在。桂木透子もサーベラーのクローン。

○ガイレーン / 柴田秀勝
 ガトランティスの諜報記録長官。ゴーグルを着けた老人で先代のズォーダー。現ズォーダー以上に思慮深く、先々を憂える。ズォーターを守って死亡。

○ゴーランド / 山路和弘
 テレザート星の守護艦隊の司令官。ヤマト(古代)が波動砲を撃つことはできないと信じており、結局波動砲で消滅する。

○ノル / 比上孝浩
 次代のゴーランド。クローンには親子の概念はないと育てられたが、それに疑問を持つ。波動砲でゴーラントと共に消滅する。その瞬間にゴーラントに抱きしめられた穏やかな表情が印象的。前半部分での本作テーマの描写となっているシーン。

○ミル / 内山昂輝
 デスラーに付き従うガトランティスの若き将校。次代ズォーダーで、デスラー、キーマン、古代、ズォーダーが耳を傾ける中で、解決策を見いだすことができると周りが期待した中、デスラーを救出するために到着したガミラスの兵士に射殺されてしまう。
posted by KAZU at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185898822

この記事へのトラックバック