2019年04月21日

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(5)

※地球側のキャラクターを。

○藤堂早紀 / 高垣彩陽



 波動実験艦「銀河」艦長、藤堂平九郎の娘。地球を捨てて人類の遺伝子を残す「G計画」との間で悩む。「G計画」を発動してヤマト救出には同意しないAIを破壊してヤマト救出に向かう。どことなく憂いを含んだまなざしが人を引きつけるキャラクター。最終話でガトランティスが破壊した月面を修復する作業に従事している姿が。地味で気長な作業です敬意を表したいと思います。

○神崎恵 / 林原めぐみ
 波動実験艦「銀河」副長。

○市瀬美奈 / 黒沢ともよ
 波動実験艦「銀河」航海長。

○日下部うらら / 小宮有紗
 波動実験艦「銀河」戦術長。

○鶴見二郎 / 河本啓佑
 ヤマト艦載の航空隊員。テレザード上陸作戦で重傷を負い戦死。

○藤堂平九郎 / 小川真司
 本作での軍部のトップ、地球連邦防衛軍統括司令長官。ヤマト決起の際にも説得を試み、攻撃を抑えるなど、ヤマトに対しては好意的な態度をとる。

○芹沢虎鉄 / 玄田哲章
 地球連邦防衛軍統括司令副長、「波動砲艦隊計画」を推進する。藤堂とは相反してヤマトの行動には批判的で、決起の際は実働部隊を出動させる。加藤三郎の裏切り行為には処罰を与えず「戦って死ね」と命ずる。最終話ではヤマトが古代と森雪を連れて帰還した際には泣きを見せるが、あれは何?

○土方竜 / 石塚運昇(〜第19話)・楠見尚己(第21話〜)



 第十一番惑星防衛師団団長。ガトランティスの攻撃を受け壊滅状態の中でヤマトに救助される。後ヤマト艦長を拝命。ガトランティスとの最終決戦で艦橋で戦死。

○山南修 / 江原正士



 地球連邦航宙艦隊総旗艦「アンドロメダ」艦長。従軍する人材がおらず、部下もいない孤独なアンドロメダの艦長として登場。テレザードでのヤマトの生存を目視で確認して救出を要請、援護している。

〇沖田十三 / 菅生隆之
 前ヤマト艦長、故人。テレサがもたらした幻影としてのみ登場。古代に「ヤマトに乗れ」と伝える。

○安田俊太郎 / ささきいさお
 アンドロメダ級3番艦「アポロノーム」艦長。山南の親友。山南のアンドロメダが航行不能に陥った際、アンドロメダを押し出して救出。撃沈する。

○尾崎徹太郎 / 上城龍也
 退艦するヤマトの乗務員を収容する「わだつみ」の指揮を執る姿が印象的。

○ロバート・レドラウズ / 土師孝也
 古代アケーリアス文明遺跡の調査を行っている大学教授で第十一番惑星に調査のため来訪していた。ヤマトに救助されるが、実はガトランティスに操られる蘇生体で、遺跡でズォーダーの依り代となり古代と言葉を交わすことに。

○テレサ / 神田沙也加



 肉体を失って精神体だけで存在するテレザート星人の意識の集合体。宇宙の平安を祈り続ける。旧作でも本作でも相変わらず理解しがたい存在。
 旧作では雪、スターシャ、テレサは松本零士氏の描く独特の女性の顔をしていたのが、本作では当然のことながらあの顔は使えず。雪やスターシャは違和感がなかったけれどテレサは違和感満載。どう見ても祈りの女神には見えず、歯がゆくなります。もう少しどうにかならなかったかなぁ。お人形さんみたいです。
posted by KAZU at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185890034

この記事へのトラックバック