2019年04月20日

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(4)

 キャラクター&キャストの続き。

○山本玲 / 田中理恵



 本シリーズでは屈指の好キャラクター、大好きです。ヤマト艦載の航空隊員。月面航空隊で訓練中に任務を離れてヤマトの決起に合流する。キーマンとの絡みがこの作品のテーマのひとつでもあったように思います。最後に生還しファンとしては安堵なんですが、キーマン一人だけが逝ってしまったのもなんだか悲しいです。

○西条未来 / 森谷里美
 百合亜が乗艦できなかったため、ヤマトのレーダー手を務める。前作では端役でしたが、本作では頻繁に登場して顔が売れました。

○新見薫 / 久川綾
 元ヤマトの技術士官で情報長。ガトランティス兵の自爆で負傷しヤマトの決起時には乗艦できなかった。

○山崎奨 / 土田大
 ヤマトの機関科士官。ヤマトの決起に参加、発進援護のため地球に残留。後に銀河のクルーに。

○岬→星名百合亜 / 内田彩
 ヤマトの決起の際に発進を援護するために下船した星名を追って地球に残留。星名と結婚。後に銀河のクルーに。

○桐生美影 / 中村繪里子
 ヤマトの決起の際、発進援護のため山崎、星名と共にヤマトから降り、地球に残留。後に銀河のクルーに。

○星名透 / 高城元気
 ヤマトの保安部員。ヤマトの決起の際には参加するが、発進援護のために山崎、美影と共に地球に残留。後に銀河のクルーに。

○斉藤始 / 東地宏樹



 空間騎兵隊隊長。第十一番惑星に駐屯中、ヤマトに救助され合流する。既にガトランティスの蘇生体になっており、無意識の内ににガトランティスのスパイとして操られており、終盤それを知るとガトランティスのコントロールを断ち切るために自らエンジンコアに入って放射線を浴び、寿命を縮めた。しかし、天命を待つまでもなく最後はクラウス・キーマンと共に特攻して果てる。

○永倉志織 / 雨谷和砂
 空間騎兵隊副隊長。第十一番惑星に駐屯中、ヤマトに救助され合流する。斎藤の下、副隊長を拝命。特攻する斎藤を押しとどめようとする古代を制した。
posted by KAZU at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185886968

この記事へのトラックバック