2019年04月19日

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(3)

★キャラクター&キャスト
 さて、全26話2クールの作品ですが、キャラクターの数は半端なく多いです。ヤマトファンならオリジナル作品との違いも含めて興味津々。なのですが全部を拾ってご紹介したら長大な記事になるので、僕が興味を持ったキャラだけをピックアップしてみます。



○古代進 / 小野大輔
 本作の主人公。ヤマトの戦術長。僕が上官なら間違いなく嫌いなタイプの軍人です。

○森雪 / 桑島法子
 言わずと知れた本作のヒロイン。ヤマト船務長。本作では決起の際には古代が地球に残る様に伝えたが、密航することに。なぜテレサのメッセージは彼女に届かなかったのだろう?本作の緻密な設定に感心しますが、森雪だけは納得がいかない点が多いです。

○島大介 / 鈴村健一
 ヤマトの航海長。軍から距離を置き、ヤマトの決起にも逡巡していたが、ギリギリに乗艦し発進の操舵に着く。少なくとも古代よりは理解しやすい人物像。



○真田志郎 / 大塚芳忠
 ヤマトの副長、技術科士官で技術長。国民投票に向けた演説を行うが説得力にいまひとつ欠けます。

○徳川彦左衛門 / 麦人
 ヤマトの機関長。ガトランティスとの最終決戦で戦死。60を過ぎて退役せずに頑張りますが、「ヤマト」に登場する老練組は風貌が老けすぎです。

○加藤三郎 / 細谷佳正
 ヤマト艦載の航空隊長。妻・真琴との間に息子の翼をもうけている。ヤマト決起に真琴に背中を押され単独で合流する。息子の病を治す特効薬と引き換えに取引に応じヤマトを裏切る大馬鹿者。芹沢副司令から「戦って死ね」と言われたが、その通りガトランティスとの最終決戦で戦死。

○加藤真琴 / 佐藤利奈
 加藤三郎の妻。元ヤマトの衛生士。遊星爆弾症候群に侵された息子・翼を看護しつつ、迷う夫の背中を押す。

○アナライザー(AU09) / チョー
 ヤマトの自立型サブフレーム、解析を担当するロボット。ガトランティスとの決戦で大破するが、佐渡先生が頭部を確保、退艦時には一緒に艦を降りている。
posted by KAZU at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185881937

この記事へのトラックバック