2019年04月15日

「デスノート Light up the NEW world」(5)


リュークとコラボのジャケット


★主題歌
◎「Dear Diary」

 エンドロールで流れる本作の主題歌。作詞・作曲はMatthew Tishler、Felicia Barton、Aaron Benward、TIGER、編曲はats-。いかにも「この先の物語もありますよ(作れますよ)」というようなストーリーの終焉に喝を入れるようなガツンとくる楽曲はさすが安室奈美恵だと納得する一曲。歌い上げるバラードは聞き飽きません。
 アニメ「精霊の守り人」のオープニング、L'Arc〜en〜Cielの「SHINE」初めて聞いた時、あるいは「Blood+」のエンディング、アンジェラ・アキの「This Love」を初めて聞いた時の流石だなという感覚、格の違いを認識できますね。

◎「Fighter」
 弥海砂登場のシーンに絡めて流れる劇中歌。作詞はEmyli、作曲はREASON'、Emyli、編曲にREASON'。こちら「Dear Diary」とは反してビートの効いたダンスナンバー。当然ながら弥海砂を意識して作られているとは思いますが、デスノート対策本部のメンバーのアグレッシブな感情の昂揚にも通じる曲。歯切れがよくてカッコイイです。


ミュージックビデオではアーマも登場
posted by KAZU at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185865188

この記事へのトラックバック