2018年12月09日

「俺たちの朝」(2)



★サブタイトル
 サブタイトルには「〇〇と〇〇と〇〇」のごとく「と」でつながれた三つの言葉が並ぶ。オッス、ヌケ、ツナギ、チュー、カアコ、すんません、などニックネームの人物がちりばめられていて、みている人でないと意味がわからないものも。

1 お前と俺ともうひとり
2 オッスと海と泣き上戸
3 白い帆と風と俺
4 愛と憎しみとひとりぼっち
5 ヌケと親父と男の涙
6 寝巻きと便所掃除と男のやきもち
7 出逢いと愛と別れ
8 ツナギとコンプレックスと仲間たち
9 一人前の男と初体験と年上の人
10 別離とイヤリングと友達の女
11 喧嘩とやる気と下手な芝居
12 おんぶと冬の風と姉ちゃんの恋人
13 裸踊りと染色と口惜涙
14 冬の海とやさしさと少女の涙
15 金欠病と女子寮とオッスのギックリ腰
16 食欲とスパイと不景気な面
17 チューとレポートと協力者たち
18 初恋の人とろうけつ染めとカアコのご主人
19 雨漏と人工呼吸と熱い味噌汁
20 三十男とおふくろと男の泣顔
21 父と兄妹と母の死
22 タヌキと青春時代と心の痛み
23 炊事当番と物置小屋と下着の山
24 夢と下着ともういやっ!!
25 ジーンズショップと前売券と男の夢
26 親父と行きずりの女と春の凧
27 うなぎと未婚の母と愛してます
28 母と不良少女とすんません
29 ドン底生活と芝居と大馬鹿野郎
30 Kissとジンマシンとせつない気持
31 三畳間とスポットライトとワタ菓子
32 酔っぱらいと腕のいい経理マンとタマネギの皮
33 海男と飛行機野郎と女の微笑み
34 ベッドと女子大生ともう知らない
35 喧嘩と一匹の魚と赤い車の女
36 男2人と寝台車とカアコ頑張る
37 金沢と片想いとカッとなったら止まらない
38 能登の海とウマの骨と涙の父
39 殴り合いとヨットハーバーと船よさらば
40 鹿児島とWデイトと幼い日の呪文
41 薩摩の海とカツオ節とああ青春
42 芸術の秋とチャンスとどうしてこうなるの?
43 別れの時とミクロネシアとよォッ!妹
44 北の町・大沼とすんませんと家族ごっこ
45 グッドバイと男のロマンと心が痛い
46 ふるさとと家出娘と焼きそこないのパン
47 シドニーと燃える男とお先真っ暗
48 絶望と出発と雨の中の接吻

★主題歌
 「俺たちの旅」が若さで押してくるとしたら、「俺たちの朝」は若さをひきずってくる感じ。オープニングは小室等さんの名曲です。この記事を書こうとしたきっかけも、とあるお店でこの曲の小室さん演奏のレコードを聞いたこと。1番の歌詞で歌い、ドラマの最後の場面で流れるエンディングでは3番の歌詞が流れます。挿入歌は登場人物によって歌われています。登場回数が少ないですがエピソードに絡んでいて印象深い。特に勝野洋が歌う「海が呼んでる」はオッスのテーマですね。もうサントラで全曲聞いてみたいものです。

「俺たちの朝」
作詞:谷川俊太郎 / 作曲:小室等 / 編曲:チト河内 / 歌:松崎しげる 

「海が呼んでる」(第3, 10, 26話)
作詞・作曲:加藤登紀子 / 編曲:チト河内 / 歌:勝野洋

「ふるさとへお帰り」(第7話)
作詞:山川啓介 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:チト河内 / 歌:秋野太作

「光こぼれる時に」(第8話)
作詞:モーリ・アキラ / 作曲:森川正太 / 編曲:チト河内 / 歌:森川正太

「どれだけ遠く」(第19, 23話)
作詞:谷川俊太郎 / 作曲:小室等 / 編曲:チト河内 / 歌:松崎しげる

「青春わすれもの」(第39, 43話)
作詞:東海林良 / 作曲:徳久広司 / 編曲:竜崎孝路 / 歌:勝野洋
posted by KAZU at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185170809

この記事へのトラックバック