2018年11月23日

ピドラ



 「マグマ大使」に登場する昆虫タイプの怪獣です。ぱっと見はテントウムシ。実際にテントウムシがモデルだろうと思わせる体形、鞘翅の模様。ただ頭の前面に突き出した大アゴはテントウムシにはありません。普通昆虫形の造形の場合には着ぐるみでも足は3対、真ん中に固定したあるいはぶらぶらする足を付け足すものですが、ピドラは潔く足は2対です。
 親ピドラは口から炎を吐き、小型ピドラを操ります。小型ピドラ鉄を喰いあさります。この小型ピドラは集団で鉄塔、石油タンク、ジェット機などを攻撃して人類を苦しめました。さらに小型故にスパイ活動も行ない聞き出した情報をゴアに送っていました。
posted by KAZU at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185053456

この記事へのトラックバック