2018年07月14日

「魔法使いの嫁」(6)



★サブタイトル
 サブタイトルはイギリスが舞台らしく全て英語で、第6話の「The Faerie Queen.」を除くと成句的な表現になっています。その第6話も“Faerie”と旧い形の言葉を使っています。第5話など「Love conquers all.」(愛は全てに打ち勝つ) なんていいですね、その真偽は別にして。

#1 April showers bring may flowers.
#2 One today is worth two tomorrows.
#3 The balance distinguishes not between gold and lead.
#4 Everything must have a beginning.
#5 Love conquers all.
#6 The Faerie Queen.
#7 Talk of the devil, and he is sure to appear.
#8 Let sleeping dogs lie.
#9 None so deaf as those who will not hear.
#10 We live and learn.
#11 Lovers ever run before the clock.
#12 Better to ask the way than go astray.
#13 East, west, home's best.
#14 Looks breed love.
#15 There is no place like home.
#16 God's mill grinds slow but sure.
#17 Look before you leap.
#18 Forgive and forget.
#19 Any port in a storm.
#20 You can't make an omelet without breaking a few eggs.
#21 Necessity has no law.
#22 As you sow, so shall you reap.
#23 Nothing seek, nothing find.
#24 Live and let live.


 本作の素晴らしいところはメルヘンであっても喜怒哀楽の激しい表現。チセは一旦自らを放棄してしまったところから無茶が過ぎますが、自分が心を寄せたものに対する愛情は熱く、それを壊そうとするものに対しては激しい怒りをぶつけます。
 まずは怒りの表情を。暴走しそうになるチセをエリアスがこのあと制止しますが。

posted by KAZU at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183866874

この記事へのトラックバック