2018年06月24日

「魔法使いの嫁」(1)



 「魔法使いの嫁」は2017年10月から2クールにわたって放映されたファンタジーアニメ。原作はヤマザキコレの同タイトルの漫画作品。監督・構成は長沼範裕、脚本は高羽彩、キャラクターデザインに加藤寛崇、音楽は松本淳一、制作はWIT STUDIO、製作は魔法使いの嫁製作委員会(Production I.G、松竹、フライングドッグ、マッグガーデン、WIT STUDIO)、全24話。
 事前の情報は全く知らず、第2話が放映されたときに見て、あわてて1話もみたくらいです。ジャンルとしてはファンタジーに入るのでしょうが、一部で「少女漫画のよう」と評された面もあり、また喜怒哀楽の激しいドラマチックな場面もあり。映像の美しさと相まって魅力的な作品でした。原作者のコンセプトもあるのでしょう、イングランドを舞台にイギリスの伝説的な妖精や魔法の世界に基を置く物語です。

posted by KAZU at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183630563

この記事へのトラックバック