2018年05月02日

「イノセンス」(1)



 「イノセンス」は2004年に東宝から公開された劇場用アニメ作品。原作は士郎正宗の漫画作品「攻殻機動隊」、で1995年公開の「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の設定をも含めた完全な続編に当たる。監督は押井守、キャラクターデザインに沖浦啓之、音楽に川井憲次、制作はProduction I.G、製作にプロダクション・アイジー、徳間書店、日本テレビ放送網、電通、ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント、東宝、ディーライツ、配給は東宝、100分。
 作品の前に15分の作品の予備知識をトグサが解説する短編があり、ここでは本作と前作の映像を交えながら時代背景とテクノロジー、公安9課とメンバーなど前作を見ていない視聴者にも分かるように詳説している。何しろ前作から9年が経過しているので「攻殻機動隊」を知らない視聴者には有り難い演出だったのかも。
posted by KAZU at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183144873

この記事へのトラックバック