2018年04月24日

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」(1)



 さていよいよオリジナルの劇場版です。テレビ版は草薙素子が「人形使い」と出会わない形でストーリーが進むいわゆるパラレルワールドでの物語です。「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」は2008年の3D劇場版、2017年に公開された実写版のオリジナルであり、この作品のオマージュは幾度となくテレビ版にも流用されています。「アップルシード」と同様に士郎正宗の作風の香りが色濃く漂います。
 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」は1995年松竹から公開された劇場版・SFアニメ作品。原作は士郎正宗の漫画「攻殻機動隊」、監督は押井守、脚本は伊藤和典、演出は西久保利彦、キャラクターデザインに沖浦啓之、音楽は川井憲次、制作はProduction I.G、製作は講談社、バンダイビジュアル、MANGA ENTERTAINMENT、85分。
posted by KAZU at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183071556

この記事へのトラックバック