2018年04月03日

地球を離れること4200キロ…



 先週の水曜日、3月28日にMBSで「池上彰と宇宙の旅2018」という番組をやっていました。見た方も多いのではないでしょうか。僕もずっと張りついていたわけではないのですが、見ていました。その中で宇宙ステーションや人工衛星の高度の話が出ていましたね。宇宙の話題に余り興味がない方には人工衛星の高度など見当もつかない数字だと思います。
 小学生の時に父が買ってくれた「科学ブック」という雑誌に地球と月の間の通信には1.27秒かかるという事が載っていました。小学校5年生の時にアポロ宇宙船が月に着陸した時に月と地球の距離が38万kmであることを習いました。それでは人工衛星の高さは?
 国際宇宙ステーションは高度は400キロ足らずということですから、地球の皮すれすれを飛んでいるような感じ。地球の半径は6400キロですから、考えてみると随分低いところを飛んでいます。一方気象衛星ひまわりはの高度は36000kmになります。これは地球の静止衛星軌道の高度ですね。ひまわりはいつも同じ位置から私たちを見ていることになります。
 特撮テレビ番組「キャプテンウルトラ」の怪獣シリーズのオープニング「宇宙マーチ」の冒頭に「地球を離れること4200キロ、宇宙ステーション・シルバースターがある。シルバースターにはキャプテンウルトラがいる。キャプテンウルトラも、アカネ隊員も、ロボットハックも、宇宙の平和を守るため力を合わせて働いていた。」とナレーションが入ります。小学校以来、人工衛星の高さはこんなもんだと、ぼんやり覚えていました。池上さんの問いかけに「シルバースター」を思い出した夜でした。

posted by KAZU at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182879225

この記事へのトラックバック