2018年03月31日

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(S.A.C.)(4)

 キャラクター&キャストの最後。

〇タチコマ / 玉川紗己子



 公安9課の人工知能を搭載した多脚戦車。ニューロチップが使用されており、経験し考え学習する内に発達を遂げる。また全体として同期されているが個性を持つようになった。脇役ではあるけれど物語のポイントポイントで重要な役割を演じる。声は複数個体ながら全部玉川紗己子さんが一人で演じ分けている。ハード一点のキャラクターが多い中でユルイところを担当している。

〇笑い男 / 山寺宏一



 物語の最後で荒巻が公安9課へ招いた程のハッカーの青年。アーネスト瀬良野を誘拐して厚生省と薬事審議会の不正を正そうとした。本人は「笑い男」という名を一度も使っておらず、この後の「笑い男」事件はこの誘拐事件契機に企業脅迫、サイバーテロ起こした他者によるもの。終盤に明かされる真実はなかなか興味深い。

〇内務大臣 / 秋元羊介



 内務省が公安9課が所属するため組織上の公安9課のトップ。政治的判断で荒巻課長に命令を出すこともある。政治家としての手腕はともかくとして、凡人。ストーリー上でも大勢にはかんでこない。最後は荒巻も下を巻く首相の手腕によって事態を収束させた。ただ、次シリーズにも登場しているおなじみの顔。

〇久保田 / 鈴木泰明



 陸上自衛軍情報部長。荒巻、久保田、辻崎の「殿田塾三羽烏」の一人。第1話から登場、職域を侵すようなことはしないが荒巻との友情は強く、情報を提供する。
posted by KAZU at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182850815

この記事へのトラックバック