2018年03月01日

「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた」(5)

○霞ヶ丘 詩羽(かすみがおかうたは) / 茅野愛衣



 本作のヒロインの一人、豊ヶ崎学園3年、学園一の優等生。長身、黒髪のロング、黒のストッキング。学校では下級生の憧れの存在ながら、無口で物静か。授業中も居眠りが絶えないものの成績が優秀なため先生も注意しかねるという存在。「blessing software」ではゲームのシナリオ担当。霞詩子のペンネームで活動する新進ライトノベル作家。処女作「恋するメトロノーム」のサイン会で同じ学校の後輩である倫也と知り合う。熱狂的なファンである倫也に対して熱情的な恋心を抱く。倫也に対するアプローチは大胆で強引。
声を演じるのは茅野愛衣さん。茅野さんというと「好きっていいなよ」の橘メイがどうしても頭に一番に浮かんでくるのでイメージの違いにとまどってしまいます。毒舌系美女でツンデレなところは微塵も見せません。


posted by KAZU at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182545125

この記事へのトラックバック