2017年11月26日

「ゴルゴ13劇場版」(1983年)(3)

★キャラクター&キャスト
 原作は一部しか知らないので、オリジナルのキャラクターもあるようですが、スネークやゴールと&シルバーなんぞは物の怪の類。紹介する気にもなりません。ハードボイルド作品に汚点を残してますね。では主なキャラクターを一気に。

○ゴルゴ13 / 瑳川哲朗
 瑳川哲朗さんの声も確かに渋いのですが、ゴルゴの顔には合っていなような気がします。

○モレッティ司教 / 納谷六朗
 シチリアのマフィア出身の聖職者。一族をドクターZによって惨殺され、ドクターZの暗殺をゴルゴ13に依頼する。依頼の後、聖職者のけじめとして自ら命を絶つ。

○シンディ / 藤田淑子



 ゴルゴ13のターゲットであるドクターZの娘。実はドクターZは既にこの世におらず、シンディの自作自演。つまりドクターZ=シンディ。それを見破ったゴルゴ13に射殺される。

○レオナルド・ドーソン / 納谷悟朗



 アメリカの石油王。アメリカの経済を左右する程の影響力を持つ男。息子を射殺したゴルゴ13を亡き者にしようと執拗につけねらう。アメリカの軍、CIA、FBI、ペンタゴンの要人を金で雇い入れ国家的な情報網と設備、人脈でゴルゴを追い詰めていく。全てを知っていた上で依頼者に向き合わず、実行者だけを亡きものにしようとするところは異常者としか言いようがありません。

○ロバート・ドーソン / 富山敬



 本作のストーリーの根源となったゴルゴ13のターゲット。実は依頼者はロバート自身でゴルゴは自殺の幇助としてロバートを射殺する。ストーリーの終盤にそれは明かされるが、視聴者にはそれ解る演出となっている。身に器あり、というところですか。

○ローラ / 武藤礼子



 ロバート・ドーソンの妻。レオナルドはゴルゴ13を殺すためスネークを飼い入れるが、彼の希望を聞き入れローラをおもちゃとして与える。繰り返しスネークに弄ばれ、ドーソン家を去った後は娼婦になりさがる。ラストシーンでゴルゴに拳銃を向けるが顛末は描かれていない。(テレビシリーズではこのケースは100%ゴルゴが射殺してます)

○エミリー / 滝沢久美子



 レオナルドの孫娘、ロバートとローラの娘。レオナルドによって銃の手ほどきを受けゴルゴ13の暗殺者として仕立てられる。空港でゴルゴを狙うもしくじった。さすがにゴルゴがエミリーに拳銃を抜くシーンは描いていません。

○アルバート / 北村弘一
 ドーソン家の執事。レオナルドの言いつけを忠実に守る家来。ローラをスネークに差し出し、エミリーを暗殺者に仕立て上げた実行者。空港でエミリーがゴルゴを仕留めそこなった後、拳銃でゴルゴを狙うが返り討ちに遭う。

○ボブ・ブレイガン / 富田耕生



 陸軍特殊部隊隊長、中佐。狂人的暗殺者のスネークをレオナルドに提供した。

○ジェファーソン / 小林清志



 ペンタゴン情報局長、将軍。

○E・ヤング / 村越伊知郎



 CIA副長官。

○F・ガービン / 兼本新吾



 FBI本部長。

○時計屋 / 千葉耕市



 ドクターZに関する情報をゴルゴに伝えた情報屋。スネークに殺される。

○リタ / 小宮和枝



 アメリカで車のディーラーを営む調達屋。ゴルゴに車と銃を調達した。代金はゴルゴに抱かれることでタダにしたが…。スネークに殺される。

○パブロ / 青野武
 南米アマゾンでゴルゴと接触した情報屋。情報をの奪取に成功し、それをゴルゴに伝えたが、レオナルド側に妻子を人質に取られゴルゴの射殺を強要される。当然のことながらゴルゴ13に射殺された。
posted by KAZU at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181682381

この記事へのトラックバック