2017年11月23日

「ゴルゴ13劇場版」(1983年)(1)



 「ゴルゴ13・劇場版」は1983年に東宝系で公開された「ゴルゴ13」のアニメ劇場作品。3DCGをアニメに取り入れた作品で、今見るとオモチャのように見えるけれど、これが世界初のアニメ劇場版での3Dアニメということだそうだ。
 原作から大きくは外れていないが、監督や演出の違いで随分と感じが変わるものだ。先にTV版を見たから余計だが、お決まりのセリフがなかったり、神掛かったオーラがなかったりとデューク東郷が「人」に近付いている。仕草や習慣もちょっと変えられている。ストーリーは「帝王の罠」といくつかの作品を元にひとつのストーリーに構成されているようで、劇場版の枠に合うように長編作品にまとめ上げられている。やはり何度も書いているけれど、劇場版は無理がありすぎて違和感を感じるところが多い。
 ゴルゴ13が仕事の前後に女を抱くシーンは原作ではお馴染みですが、それ以外にも性表現が多くて大人向け。
 監督は出崎統、プロデューサーに稲田伸生、脚本に長坂秀佳、音楽は木森敏之、CG製作にトーヨーリンクス、CGディレクターに御厨さと美。製作は東京ムービー新社、フィルムリンク・インターナショナル。93分。
posted by KAZU at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181655308

この記事へのトラックバック