2017年09月22日

「地獄少女 宵伽」(2)


あいの振り袖は華やか。今回も見事な蝶柄。そしてなにもりもあいがきれい。

 第1期は勧善懲悪、第2期は人間の本質、第3期は現代社会を描いたものが多かったように思いますが、この第4期は特に絞られたテーマはなくて、それぞれのエピソードで違った「恨み」を描いています。第3期ではゆずきが次の地獄少女となるところまで行きながら、最初の仕事で私情に走ったために誅伐を受けるところを、あいが再び代わってやって成仏させています。今回の新キャラクター・ミチルは見事に地獄少女となって最初の仕事を片付けています。山童があいの許を辞してミチルのところへ行ったのはどういう心境だったんでしょうか。
 オープニングのナレーションはひし美ゆり子さんが担当。過去このアバン・ナレを担当した中では一番違和感がありました。俳優さんでも朗読の上手い方がたくさんおられますが、ひし美ゆり子さんはどちらかというと感情的に語る方ですから、ちょっと違うな、という感じ。「蠱惑に溺れし、哀れな縁。夢か現か、光か闇か。天の言の葉浮かんで消えて、時の随にゆらゆらと。沙汰を語るが宵伽。晴らせぬ怨み…晴らします。」
 原案はわたなべひろし、原作は地獄少女プロジェクト、監督は大森貴弘、制作はStudio DEEN、製作は宵伽製作委員会(アニプレックス、TOKYO MX、藤商事)。新作は全6話、第7話より回顧録。


今までは素肌をさらさなかったあいですが、今回のオープニングではヌードに。


★キャラクター&キャスト

○閻魔あい / 能登麻美子
○一目連 / 松風雅也
○骨女 / 本田貴子
○輪入道 / 菅生隆之
○柴田つぐみ / 水樹奈々
 本作では特別擁護老人ホームの介護士として登場。
○きくり / さかいかな
○山童 / 椎名へきる
○寒河江ミチル / 和多田美咲
 本作のキーキャラクター。父親の善行を土地の名士が逆恨みし、幽閉された上に両親ともども焼き殺される。死して魂は暴走して村人と名士、村そのものも焼き払って復讐を果たす。しかし、その暴走故に地獄のお偉いさんに睨まれることとなる。


新キャラクター、ミチル。

★サブタイトル
第一話 見えない聞こえない
第二話 あなたしかいない
第三話 いつか誰かが…
第四話 わたしを深く埋めて
第五話 風の歌が聞こえる
第六話 あやおり


番組スペシャルで姿を見せた能登さん。お美しい!
posted by KAZU at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181072794

この記事へのトラックバック