2017年04月24日

「Star Trek Into Darkness」(2013年)(4)

★キャラクター&キャスト
つづき。

◎クリストファー・パイク / ブルース・グリーンウッド
 宇宙艦隊大佐。カークを宇宙艦隊にスカウトした。カーンの攻撃で命を落とす。

◎アレクサンダー・マーカス / ピーター・ウェラー
 宇宙艦隊提督。本作のキーマン。カーンを覚醒させた張本人。セクション31で新型光子魚雷を開発させる。カーンを秘密裏に捕らえようとするが、全貌をカークらに知られたためにエンタープライズごと殲滅しようとする。最後はカーンに殺される。

◎キャロル・マーカス / アリス・イヴ
 マーカス提督の娘。技術士官。エンタープライズに乗り込み光子魚雷を調べて父の所業を知ろうとする。

◎スポック・プライム / レナード・ニモイ



 ニューバルカンに住む未来から来たスポック、前作の老スポック。スポックからカーンの事を問われ、「エンタープライズ最大の驚異」と言い、自分の助言が過去をねじ曲げる可能性があることを認めた上で敢えてスポックにカーンのことを話す。本作がレナード・ニモイの遺作となった。最後に演じたスポック。

◎トーマス・ヘアウッド / ノエル・クラーク
 植物人間となった娘を「私なら救える」とカーン(ハリソン中佐)から持ちかけられ、カーンの血液と引き換えにセクション31と共に自爆する。

◎リマ・ヘアウッド / ナズニーン・コントラクター
 トーマス・ヘアウッドの妻。

posted by KAZU at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179543116

この記事へのトラックバック