2017年04月13日

「Star Trek」(2009年)(1)



 「スター・トレック」は2009年に公開された「スター・トレック」シリーズの劇場
作品。「宇宙大作戦」のエンタープライズのクルーの若き時代を描いた作品。実は僕は「宇宙大作戦」は余り見ていない。このテレビシリーズが日本で放映された頃はまだ小さくて遅い時間のテレビ放映だったこともあって、父が見ていたものの余り記憶にない。僕にとっての「スター・トレック」はTNGなんですね。
 本作は後のカーク船長とスポックの幼き頃から宇宙艦隊アカデミーへの入学、艦隊でのエンタープライズ号への搭乗を描き、さらに未来からタイムスリップしてきてカークの父を死においやったロミュラン人ネロとの戦いを通じてカークとスポックの絆の結びを描いている。
 細かいところで「宇宙大作戦」のクルーとの設定が異なるそうだが、僕は覚えていない、いや知らないのでその点には興味なしと言ったところ。それでも「宇宙大作戦」でエンタープライズの艦橋に集う面々の若き姿を見るのはおもしろい。カーク船長は別として他のクルーはホントに年を若くしたように見えてそっくりなのに驚いた。未来からタイムスリップした老スポックをレナード・ニモイその人が演じているのにも驚かされたけれど。
posted by KAZU at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179421386

この記事へのトラックバック