2017年02月26日

「消失」と“サティ”



 「涼宮ハルヒの消失」のサウンドトラックはCD2枚組。そのディスク2には19世紀のフランスの作曲家エリック・サティの曲がピアノで収録されています。ジャケットにはこのCDのプロデューサーであるランティスの斎藤滋さんが「サントラという枠を超えて、サティの楽曲を感じて頂く機会になればという想いから、劇中で使用しないであろうサティの楽曲も、本CDには収録しています。」と記しています。斎藤滋さんも音楽を担当した神前暁さんも意地悪で、各曲解説は施さず、“なぜサティなのか”“どこでどういうふうに使われたか”は聞き手で探して想像してほしいと書いているのみ。
 この作品のBGMは基本、管弦楽演奏で聞き応えのあるもの。その中でサティの「ジムノペディ」(Gymnopédies)「第1番」は主題的に目立って繰り返し使われているのですぐにシーンが頭に浮かびます。サティの代表的な曲として有名なので「消失」以前に聞いたことがある方も多いと思います。

ディスク2
1. ジムノペディ 第1番
2. ジムノペディ 第2番
3. ジムノペディ 第3番
4. グノシエンヌ 第1番
5. グノシエンヌ 第2番
6. グノシエンヌ 第3番
7. ジュ・トゥ・ヴー

最後の「ジュ・トゥ・ヴー」(Je te veux お前がほしい) は器楽曲から歌詞がつけられてシャンソンとして有名ですが、この曲は本編では使われていないとのこと。
posted by KAZU at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178907284

この記事へのトラックバック