2016年12月21日

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」(4)〜桐生美影〜



 ヤマト技術科員。「情報長の新見薫がスカウトした言語学者の卵」と本編で紹介されてました。本作のヒロインで語り部。惑星調査隊メンバーに情報長と共に惑星に降りる。
 プロローグで登場した空間騎兵第7連隊連隊長の桐生悟郎の娘。ヤマトの地球発進を護衛するために出撃した国連宇宙軍は無事にヤマトを送り出し、防衛総隊司令長官土方竜の乗った旗艦は空間騎兵第7連隊を救出するが、既に桐生悟郎は死亡していた。空間騎兵第7連隊の斉藤始は土方にかみつくが土方は前を凝視したまま動じない。美影は父の死は知らず、なのだろう。



 美影は小型のレコーダーで日誌を録音しているが、自室で下着姿でくつろぐ姿がヤマトシリーズにしては艶かしい。傍らには父と斉藤と共に写った写真が飾られている。声を演じたのは中村繪里子さん。このキャラクターは本作のみに登場する。

posted by KAZU at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178119591

この記事へのトラックバック