2016年03月16日

キース・エマーソン



 昨日、ネットのニュースでキース・エマーソンの訃報を知りました。何と自殺だそうで記事を読むと腕の病気から演奏に不安があったそうで、何とも言葉がありません。ご冥福をお祈りいたします。
 海外のアーチストには疎い僕ですが、その僕がキース・エマーソンというと思い出すのは角川映画「幻魔大戦」(1983年)。彼はこの音楽を担当しており、主題歌「 光の天使 / Children of the Light 」のレコードジャケットには“歌 ローズマリー・バトラー、作曲・演奏 にキース・エマーソン”の文字があります。この主題歌でキース・エマーソンがシンセサイザーを演奏しており、独特の雰囲気を醸し出していますが、B面に収録された「地球を護る者」はこの作品のイメージテーマともいうべき曲で、テレビのCMや予告編でも流れ、本編でも使用された映画を見た者ならば忘れられない名曲です。
 当時は初めて聞く名のアーチストで全く知らなかったわけですが、この映画のサウンドトラックは買いました。たぶんここ30年針を落としていませんが、この機会に聞いてみましょうか。
posted by KAZU at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | Journal
この記事へのコメント
幻魔大戦好きでしたっ
大友克洋のキャラは苦手というか...どちらかというと嫌いだったんですが、りん・たろう監督と、キースエマーソンの曲の魅力の方がそれを上回ってしまい、DVDとか買いはしなかったものの好きな作品です。

そうですか、お亡くなりに...。残念です。
Posted by あっきー ( t-aki ) at 2016年03月22日 23:21
あっきー ( t-aki )さん、こんにちは。

コメントに気づかずゴメンナサイ。
なぜか通知メールが迷惑メールフィルタにひっかかるんですよ。

この作品は小説が原作ということで、全巻読破していましたし、
この映画ができた後もストーリーが続きましたから思い入れもありました。
「原作とはちと違うぞ」という感覚はありましたが、
音楽は素晴らしかったですね。
Posted by KAZU at 2016年04月02日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174504073

この記事へのトラックバック