2016年01月07日

「都市霊伝説 霊視学園」(2)



 犯人は担任でミュージカル部の顧問の先生。美咲に正体を突き止められて狂い始めるイカれたヤツだった。そして刃物で切り付ける先生から彼女を助けてくれたのは風間だった。学校を風間と共に脱出して風間の家の近くまで逃げてきたが、「家族を安心させてあげたい」と美咲は自宅へ戻る。別れ際風間は「僕も5000人の一人だったんだ」とささやく。
 自宅ではお葬式が営まれていた。泣き崩れる両親を見て姉を案じる美咲が見たのは自分の遺影を抱える姉だった。ここで美咲は自分が既に死んでいて霊になっていることを知った。別れ際の風間の言葉から風間が霊視能力のあることをも理解した美咲は風間の家を訪ねる。「死んで一つだけいいこともあるんだよ」「ずっと風間くんと一緒にいられる」

posted by KAZU at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171410080

この記事へのトラックバック