2015年11月28日

「DEATH NOTE」(デスノート)(1)



 「DEATH NOTE」(デスノート)は2006年から2007年にかけてテレビ放映されたアニメ作品。非常に話題にのぼった作品であるにもかかわらず視聴することなくきましたが、ようやくDVDで全話をみることができました。
 原作は大場つぐみ、作画は小畑健の漫画作品。監督は荒木哲郎、キャラクターデザインは北尾勝、音楽に平野義久、タニウチヒデキ、アニメ制作はマッドハウス、製作はDEATH NOTE製作委員会(日本テレビ、D.N.ドリームパートナーズ、VAP、集英社、マッドハウス)、全37話。
 容姿・才能両方を兼備した天才的高校生の夜神月(ヤガミライト)はある日、学校の敷地内で「DETH NOTE」を書かれた黒い表紙のノートを拾う。HOW TO USE「このノートに名前を書かれた者は死ぬ」という。一旦は捨てるが気になり持ち帰る。たまたま見かけた犯罪者の名前を書いたところ実際に人が死ぬのを目の当たりにして、このノートが本物であることを知る。そして犯罪者を抹殺し犯罪者が存在しない新世界を作り、神となることを目論見次々とノートに犯罪者の名前を書いていく。やがて世界はその存在に気づき彼をキラと呼び崇める者も現れる。キラの存在を察知したインターポールはキラを捕まえようとするがその手がかりさえつかむことができない。そこで手がけた事件を必ず解決する、全世界の警察を動かすことの出来る謎の名探偵エルに事件解決をゆだねる。月(キラ)とエルの激しい頭脳戦が始まる。
 この作品2クールながら詳しいストーリーを書いても余りおもしろくないですね。見るのが一番です。第1部での月とエルとの戦いは、死に神をも動かした月がエルを葬ることに成功して勝利をつかみます。第2部ではエルの後継者であるニアとメロがキラ逮捕に動き、とうとう最後に月を追い詰めて勝利します。もっともどう見てもニアもメロもエルには及ばない。最後の決め手は偶然もたらされたとしか思えません。作品が及ぼす社会への影響はともかく、キラの理想とする世界が成就するのを見たかったです。
posted by KAZU at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168817298

この記事へのトラックバック