2015年09月27日

「聖闘士星矢 黄金魂-soul of gold-」(1)



「聖闘士星矢 黄金魂-soul of gold-」最終話鑑賞。黄金聖闘士ファンとしては全編に渡って黄金聖闘士が活躍する夢のような作品で、こたえられません。最後はアテナの力を借りたとは言え、ハッピーエンドでアスガルドの歴史に12人の最強の黄金聖闘士の名前を刻んで終わります。
 何度も書いていますが「聖闘士星矢シリーズ」の特長は叩かれても叩かれても立ち上がる臭いまでの演出。テレビシリーズには及ばないながらも見事な演出でした。ひとつだけ残念なのはキャストのクレジットの中に初代声優さんが全員揃わなかったことですね。
 昨日は時間調整のために駅のホームのベンチで二度続けて鑑賞したのですが、不覚にも感動で涙がボロボロ、鼻がズルズルでティッシュペーパーを使い果たすかとひやひやでした。

posted by KAZU at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164484646

この記事へのトラックバック