2015年09月22日

「長門有希ちゃんの消失」(2)



★キャラクター&キャスト
 本作では設定が一番おもしろいところ。元作と全く違っては意味がないし、同じじゃパロディにならないし。

◎長門有希 / 茅原実里
 本作の主人公。北高1年生で文芸部部長。同級生のキョンに好意を抱き、再三告白を試みるも成功していない。ゲーム好きで、感情も豊か。パニックになると奇行に走る。極度の近眼。頭は良いが説明は下手。マンションで一人暮らしをしている。

◎キョン / 杉田智和
 北高1年生、文芸部部員。相変わらず本名は不明。図書館で貸し出しカードを作れず困惑していた長門を手助けしたことから長門に知り合い、文芸部存続のために自ら入部、谷口、国木田に協力を求めた。ほとんど変更のないキャラクターでしょう。人格の変わった第二の長門の告白に図書館へ走るキョンは元作のキョンそのものでした。

◎朝倉涼子 / 桑谷夏子
 北高1年生、クラスの委員長、文芸部部員。長門の親友で、同じマンションに住む。と同じマンションに住む長門の親友。長門に大しては細かく気遣いする。元作と異なりキョンに次ぐ重要キャラクターで全話に登場する。

◎朝比奈みくる / 後藤邑子
 北高2年生、書道部部員。未来人でないところ以外は元作と最も近い設定のキャラクター。以前にも書いたが、後藤邑子さんが病気療養で「朝比奈みくる」を誰が演じるんだと心配していたが、見事朝比奈さん役で復帰。本当に嬉しいことです。

◎鶴屋さん / 松岡由貴
 北高2年生、書道部部員。みくるの親友。相変わらず下の名前は不明。裕福な家のお嬢さんのようで、文芸部のイベントの際には物品はもちろん、宿泊先等々色々なものを提供している。

◎谷口 / 白石稔
 キョンの同級生で友人。文芸部存続のために名前だけ貸している幽霊部員。物語には絡まない。

◎国木田 / 松元惠
 キョンの同級生で友人。文芸部存続のために名前だけ貸している幽霊部員。物語には絡まない。

◎涼宮ハルヒ / 平野綾
 光陽園学院1年生。「涼宮ハルヒの消失」時と同じくロングヘアの少女。人の気持ちを理解する元作よりも穏やかな性格。クリスマスにサンタを捕獲しようと張り込み中倒れ、キョンと長門に助けられる。以来北高文芸部に出入りするようになる。中学のときに校庭に宇宙人へのメッセージを書こうと侵入した際キョンと出会い手伝わせ、キョンに「宇宙人っていると思う?」と聞いた。その答えが川にカッパを探しに行った時に「カッパっていると思う?」の問いの答えが同じだったことから以前会った人物がキョンであることに気付く。口には出さないが明らかにキョンに好意を抱いている。

◎古泉一樹 / 小野大輔
 光陽園学院1年生。1年の春に転校してきたことにより孤立していたところをハルヒから「謎の転校生」として接してもらい、以後行動を共にしている。
posted by KAZU at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164123719

この記事へのトラックバック