2015年09月12日

「のだめカンタービレ」〜コミカル&パロディ〜

 「のだめカンタービレ」はストーリーはシリアスながらジャンル的にはラブコメ。コミカルなシーンも結構登場します。先にあげた写真ではコレなど。千秋やのだめの顔のことが多いですが、他のキャラクターでも。



 それからパロディ。パロディは元ネタが分からないとその面白さが分かりませんから、作品の時代、中心となる視聴者の性別や年齢層、世代などが反映されます。「フィナーレ」で登場した極めつけのパロディは「風の谷のナウシカ」のコレでしょ。



 シュトレーゼマンのマネージャー・エリーゼはシュトレーゼマンとの共演で大成功をおさめたのだめに対する評価、問い合わせに気分を良くする。今まで千秋の影に隠れて目立たなかった存在ののだめを引っ張りだして、巨神兵のごとく快進撃を開始するが、それも束の間。「弾けません」と姿を消してしまったのだめに、早熟状態で引っ張りだされて崩れ落ちる巨神兵の姿を見てしまう。なかなか決まったパロディでしたが、しかしちょっと古過ぎやしませんか。
posted by KAZU at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163433240

この記事へのトラックバック