2015年04月29日

“殺人鬼A”



 「寄生獣-セイの格率-」で新一の学校を単独で襲撃して新一とミギーに返り討ちにあい、瀕死状態からパラサイト仲間である田宮良子のボディに同居を試みるも、田宮良子自身の手により爆死させられた。身元不明人ということで“殺人鬼A”と呼ばれるようになる。
 その容姿、というか目線は明らかにイカれているが、田宮良子が新一とミギーに「A」と紹介し、「A」自身は新一たちに強い敵意を持つ。田宮良子の実験として寄生された人同士の性行為、田宮良子の言葉を借りると「Aとセックスしてみた」に協力した結果、田宮良子を妊娠させる。
 学校を襲撃した際は新一とミギーのみを標的とし、ミギーの防御の中、新一に椅子から切り出されたパイプを心臓近くの血管に突きたてられ致命傷を負う。非常に衝動的に行動するタイプのように描かれているけれども、パラサイト化してからの思考は結構冷静だったように思うのだが。新一とミギーが戦闘の末倒した最初のパラサイトとして印象深い。声を演じたのは保村真さん。

posted by KAZU at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
校舎での戦闘シーンが印象に残ってます。あの入り乱れる触手を描いたアニメーターの方にご苦労様でした、といいたい。
Posted by あびょん・いとう at 2015年05月02日 23:25
あびょん・いとうさん、こんにちは。

目にもとまらぬ、という表現がぴったりの触手でしたね。
人の目に止まらないということで省略してしまったらあの臨場感や緻密さが表現できないですものね。
Posted by KAZU at 2015年05月03日 07:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/124540928

この記事へのトラックバック