2015年04月17日

島田秀雄



 「寄生獣-セイの格率-」で印象深いパラサイト。田宮良子が学校に新一を観察するために送り込んだが、表面は理性的でありながら、裕子に正体を見破られるなどあんまり賢くはなかったようだ。声を演じたのは石田彰。



 正体を見破られて裕子を襲おうとした時に彼女が投げた油彩の剥離剤を頭に浴び、あわてて体内に取り込んでしまったために錯乱状態に陥る。次々と教師と生徒を殺して回り、最後は警察に追い詰められた上、新一の石の投擲により心臓を撃ち抜かれて死亡する。この事件がきっかけで、一般人にパラサイトの存在を知らしめ、パラサイトの研究が進むことになる。
 第10話は前半の山、新一が里美を抱きかかえて三階から飛び下りるシーンは圧巻。単にその超人的な動作だけでなくて、新一の心理を追って行くほどにおもしろい。

posted by KAZU at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/120065545

この記事へのトラックバック