2014年11月18日

平野綾さんの「ミギー」がすごい



 先週の「寄生獣 セイの格率」の第6話「Stage:6 日はまた昇る」そのストーリー、ひとつの転機でしたね。僕は原作を読んでいないのでストーリーの展開が楽しみなのですが、主人公が瀕死の重傷。いや一旦死亡していたところをミギーの尽力でつなぎとめます。そのことが新一にもミギーにも大きな変化をもたらします。詳しい内容は書きませんが、寄生生物であるミギーに大きな異変が現れより新一と一心同体化していきます。それはストーリーとして、生物としての変化ですが、それが新一と会話するミギーの声に現れています。
 見ていて「あれ?」と思ったのですが、ミギーの話し方が違う!見事な平野綾さんのテクニックです。 
posted by KAZU at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
以前から平野さんの技はすごいと思っていま
したが、ミギーは妙技の一言。まさに
命を吹き込んですね。
Posted by あびょん・いとう at 2014年11月18日 23:12
あびょん・いとうさん、こんにちは。

いとうさんもそう思いますか。
声優以外にもご活躍中の平野綾さんですが、
声のお仕事の方もますます磨きがかかってますね。

放送のあとから平野さんが自身のブログで
ミギーの話し方を変えたと書かれてました。
やっぱりね、と思いました。
Posted by KAZU at 2014年11月19日 08:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105729282

この記事へのトラックバック