2014年10月13日

ミギーの声に違和感ナシ



 オンエア開始しました「寄生獣-セイの格率-」。概要が発表された直後原作ファンからはかなりダメだしが出ていました。主人公の新一が「なんで眼鏡やねん」とか、ミギーが「なんで女性声優やねん」とか。まあ原作は原作、アニメはアニメ、著作権も異にする全く別の作品ですから、余りこだわることはないと思うのですが原作ファンには思い入れがありますからね。
 僕はコミックを読むことはないので先入観なしに鑑賞できました。シリアスに描くとかなりグロい作品ですから描き方はこの程度で十分かなと思います。一番の興味は平野綾さんがどんなミギーを演じるのか、でしたがなかなかお見事。全く違和感はありません。
posted by KAZU at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
ぼくも原作は知らないですが職場の友達が好きだそうで...
しかしアニメが始まったと伝えると、のけぞってました(笑)

>平野綾さんがミギー
けっして可愛い位置づけじゃないから気にしてなかったですが、全く違和感なく素直に聞けてました。
そうか、歌わせるんだ。(^^ゞ

昔、「手っちゃん」ていう、主人公がホントに手だけ(空中に浮かんでる「手」の、多分ギャグ漫画かな?全く笑えなかった気がします)の漫画があって、その時のインパクトが凄すぎて、右手の変形ぐらいじゃ驚かなくなってしまいました(笑)
Posted by あっきー(t_aki) at 2014年10月13日 23:39
あっきー(t_aki)さん、こんにちは。

どんなふうになるか興味津々だったのですが、ミギーがメスという感じにはなってなくてよかった。
実写版もやるそうですが、そっちの方が何か酷いものになりそうな気がします。
Posted by KAZU at 2014年10月14日 19:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104547938

この記事へのトラックバック