2022年03月01日

「見える子ちゃん」(1)



 「見える子ちゃん」は2021年10月からテレビ放映されたホラーギャグアニメ。原作は泉朝樹の同タイトルの漫画作品。監督は小川優樹、シリーズ構成・脚本は猪原健太、
キャラクターデザインは嘉手苅睦、音楽にうたたね歌菜、制作はPassione、製作は見える子ちゃん製作委員会。全12話。
 高校1年生の四谷みこは、ある日突然異形のものが見えるようになる。町のあちこち、学校にもいるそれらの異形に気付かれないように無視してやり過ごす。見えるみこの日常を描く。中には凶暴でヤバいやつらもいて、下町のゴッドマザーのお店で数珠を求めるが、ゴッドマザーがお店で一番強力な数珠と差し出したものをもヤバいやつは壊してしまう。身を守る術がわからず、たまたま訪れた神社で祈願して、ヤバいやつを除霊してもらう。その神社の神様?「さんかい」は二度、ヤバいやつを倒してくれるが、とうとう三度目の加護を使い果たしてしまう。そのお蔭でめでたしめでたしとハッピーエンドながら、先に待つ不安一杯で物語を閉じている。

★キャラクター&キャスト
〇四谷みこ / 雨宮天
 本作の主人公、高校1年生。ある日突然異形のものが見えるようになる。見えるのだけれど、平常心を装いつつ無視する技で異形のものたちをスルーする。なかなか強靱な精神力の持ち主。

〇百合川ハナ / 本渡楓
 みこのクラスメイトで親友。天真爛漫で明るく、食欲が旺盛。ホラーは苦手で怖がり。生命オーラが強く霊を引き寄せやすい体質だが、そのオーラはみこには見えない。

〇二暮堂ユリア(にぐれどうゆりあ) / 佐倉綾音
 みこと同じ学校に通う同級生だが隣のクラス。幼少の頃から異形のものが見え、霊能者を志して、下町のゴッドマザーに弟子入りを志願したが断られる。ゴッドマザーが廃業して、最後の客がみことハナであることを知り、その原因はこの二人だと確信して近付く。みこがとてつもなく強大な力を持つ霊能力者だと勝手に信じている。みこと違って強力なヤバいやつは見えないが、ハナの生命オーラは見ることができる。思い込みが激しくて、みこからのせっかくのアプローチを断って逃げている。

posted by KAZU at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション