2021年10月01日

「バロムワン」(1)



 漫画家のさいとう・たかをさんが亡くなった。早くからプロダクションを立ち上げて漫画を分担作業で制作されてきた。とは言え、初期のスタッフが亡くなり、ご本人も亡くなり、さいとうさんの遺志で「ゴルゴ13」は残ったスタッフで連載を続けていくそうだけれど、さてどうなるのか。心境は複雑なのだが、ご冥福をお祈りし、さいとうプロのご発展をお祈りしたいとおもいます。
 さいとう・たかをさんの原作のアニメというとやはり代表作でもある「ゴルゴ13」ですが、僕の年代では印象深いのは「超人バロム・1」ではないでしょうか。実写版特撮、主人公は小学生、主題歌を歌う水木一郎さんの“雄叫び”を有名にした一作。そしてドルゲ事件。
 「バロムワン」はさいとう・たかをさんの漫画「バロム・1」を原作にしたアニメ作品。2002年から翌年にかけてAT-Xで1クール放映された。原作と実写版では設定やストーリーにかなり差があるとのことですが、更にこのアニメは特撮とも大きな差があります。さすがに悪の親玉は「ドルゲ」ではなくて「ゴーモン」、主人公の二人は中学生。二人の父親は刑事と記者で犬猿の仲でしたが、本作では刑事と科学者で仲が良いです。実写版の健太郎を演じた高野浩幸がナレーションとバロムワンの声を担当しています。
 原作はさいとう・たかを、監修はさいとう・プロ、企画は今西和人、監督は冨永恒雄、メインキャラクターデザイン/キャラクター原案に智秋、キャラクターデザイン - 中武学、音楽に元倉宏、制作にE&G FILMS、製作はバロムワン製作委員会。30分1話完結、全13話。
posted by KAZU at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション