2021年01月11日

「東京喰種トーキョーグール:re」(6)

★キャラクター&キャスト
▷CCG
○鈴屋什造 / 釘宮理恵



 元ビッグマダムの飼いビト。本作では准特等捜査官で登場、特等捜査官まで上り詰める。以前は白かった髪も黒くなっている。部下を従えてモラル的にも大変成長した姿を見せている。戦闘能力も肩書に負けないもので、有馬なき後はCCG最高のレベル。

○黒磐巌 / 大友龍三郎
 武臣の父。なお現役のベテラン捜査官。ロマの攻撃を受けウリエをかばって重傷を負う。

○丸手斎 / うえだゆうじ
 本作でも特等捜査官として活躍、流島上陸作戦では現場指揮を執る。極秘に和修家を調査、吉時に銃弾を放つ。竜戦の際に再び姿を見せてCCGを再統括。CCGと喰種の提携を進め指揮した。第1期からCCGの中でも変わらぬ信念と行動力を持つ男。

○法寺項介 / 速水奨
 特等捜査官に昇進。S3班の一員としてクインケ鋼移送車護衛任務を成就、オークション掃討戦に合流して作戦成功に貢献した。流島上陸作戦には第一隊の隊長として参戦。タタラとの交戦し力負けしたが、乱入してきたオウルがタタラを倒す。かつての部下を駆逐しようとしたがなし得ず、逆にオウルに倒される。

○宇井郡 / 成瀬誠



 特等捜査官。月山家殲滅戦では現場指揮を執る。月山観母が無抵抗で投降したことお不審に思い、ハイルを月山家所属のビルに先行させる。しかし、キジマは死亡、ハイルを失って旧多の下に付く。竜戦ではCCGと喰種の共闘に協力した。

○田中丸望元 / 小山剛志
 特等捜査官。流島上陸作戦では本土の防衛を担当。竜戦でも活躍した。

○安浦清子 / 赤ア千夏



 特等捜査官。妹の息子(甥)がクインクス班の安浦晋三平。流島上陸作戦では本土防衛を担当。コクリアでの戦いで両足を失う。

○亜門鋼太朗 / 小西克幸
 「√A」でカネキに敗れて死亡。遺体は見つかっていなかったが死亡扱いとなっていた。しかし嘉納のラボに運ばれて芳村ベースの実験体にされて復活している。失敗作と言われている。育ての親ドナート・ポルポラを倒した。

○真戸暁 / 瀬戸麻沙美
 上等捜査官、クインクス班を統率するハイセの上司。流島上陸作戦でオウルが駆逐されるところに至ってかつての仲間を庇い重傷を負う。オウルによって運ばれ島を脱出。ニコの提案で「大環アクト」の医師によって命を救われる。

○キジマ式 / 飛田展男



 顔面からツギハギの身体の不気味な男性捜査官。喰種に対しては残忍な性格で拷問も辞さない。捜査官に対しては階級の高低にかかわらず穏やかに敬語を使って話す。「ロゼ」の正体が月山家であることを突き止め、月山家殲滅戦へ導いた。胴体を寸断された瀕死のマイロから不意討ちくらい、自らのクインケで致命傷を負う。

○平子丈 / 近藤孝行
 上等捜査官。元有馬のパートナー、後に平子班を率いる。有馬から和修家について全てを打ち明けられており、コクリアからカネキの脱出を容認している様子が描かれている。CCGを辞すが竜戦ではCCGとの共闘を導き、復帰して活躍した。

○富良太志 / 木村良平
 ナッツクラッカーを駆逐したシラズがトラウマでクインケを使えずにいたところを、自身もランタンを倒して得たクインケ「ランタン」を使えなかった経験を語って助言を与えている。有馬の死を知った時は悪態をつきながらも涙した。竜戦においては喰種と共闘して戦った。

○穂木あゆむ / 田辺留依



 小柄で髪の毛で顔をおおっている女性の捜査官。一等捜査官、後に上等捜査官。鉢川班の副班長を務めた。小柄ながら、体躯を活かした敏速な攻撃を得意とし、竜戦まで戦い抜いて生き残った一人。

○伊丙入(ハイル) / 関根明良



 宇井郡のパートナー、アカデミーを経ず入局した生え抜き。松前とは因縁の対決をし、追い詰めるが床の血で足を滑らせた瞬間に赫子で貫かれ、さらにマイロの命をかけた攻撃で首を切断されて果てた。

○黒磐武臣 / 石谷春貴
 黒磐巌の息子、ウリエの同期。素手で喰種を倒したほどの頑強な男。小坂依子とは小学校時代の同級生で、食事に寄ったパン屋で彼女と再会、後に結婚する。

○滝澤政道(オウル) / 立花慎之介



 「√A」でタタラに殺されるが、アオギリにより実験体として嘉納の元へ送られる。芳村ベースの半喰種の希少な成功体。その戦闘能力はすさまじく「オウル」と呼ばれるようになる。人間としてのモラルは全くなく、捜査官を躊躇なく次々と殺害している。しかし重傷を負ったアキラを救うために彼女を連れて流島を脱出している。
posted by KAZU at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション