2021年01月03日

「OVA東京喰種トーキョーグール JACK」(1)



 2015年に発売された「東京喰種トーキョーグール」のスピンオフ作品。OVAとして制作され全国7地域の映画館で期間限定で上映された。
 原作はは石田スイ、監督は嶌田惣一、脚本は御笠ノ忠次、キャラクターデザインは三輪和宏、音楽はやまだ豊、アニメーション制作はstudioぴえろ、製作:東京喰種製作委員会。30分。

★ストーリー
 「梟討伐作戦」から遡ること12年前、CCG上等捜査官・富良太志と有馬貴将との出会いを描いたスピンオフ作品
 主人公・富良太志は高校の野球部で活躍していたが肘を壊して退部。かつてのチームメイトで親友のリョウとアキとバイクで走り回り不良行為をしていた。ある日リョウと仲違いしてしまい、単独行動に。学校へは出るようにはなっていたが全くやる気のない毎日を送っていた。
 東京13区で「ランタン」と呼ばれるハロウィンのカボチャ(ジャックオランタン)のマスクを着けた喰種による捕食事件が頻発していた。そんな中、リョウとアキがランタンに襲われ、悲鳴を聞き駆けつけた富良が助けようとするが、全く歯が立たない。そこに同級生の有馬が現れ、人間離れした立ち振る舞いで攻撃しランタンは退却する。この事件でリョウは死亡、アキは右目の視力を失う。
 後日、同級生の三波麗花が喰種に襲われ、助けようとした富良の前に再び有馬が現れる。喰種の「どうしてお前みたいなガキがグール捜査官の武器を」と言う問いに有馬は「答えは簡単。俺がグール捜査官だからさ」と喰種を駆逐する。この事件でCCGの丸手捜査官から事情を聞かれる富良。有馬はランタンを追って高校に潜入操作に入っていたが、素性を知られたために「潜入操作の意味がなくなった」と学校を辞めようとする。富良はリョウの仇を取りたいので手伝わせてくれと頼み込む。更に三波も協力を申し出て、三人でランタンを追うことになった。
 三波の持ってくる情報で次々と喰種を駆逐する三人。しかし三波の正体は実はランタンで「そろそろ潮時かな」と有馬と富良を片づけようと、敵対するヤモリと休戦協定を結び有馬と富良を罠にかけようとするが…

 タイトルの「JACK」ですが、普通に見ればランタンがハロウィンのカボチャのマスク(ジャック オ ランタン)を着けていることから来ているのだということになります。ところがタイトル文字にトランプのスペードが描かれているので、これは何か別の意味があるのでは?おそらくは有馬の事でしょうが、原作を読まないとわかりませんね。ヒントは三波の「何だかナイトみたい」というセリフかな。
posted by KAZU at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2021年01月02日

「東京喰種トーキョーグール√A」(5)

★主題歌
○オープニング「無能」(第1話〜第11話)



 登場するのはほぼカネキだけというイメージ化されたオープニング映像は異例の一曲。むしろエンディング向き。映像はきれいです。作詞・作曲は高橋國光、歌はösterreich。

○エンディング「季節は次々死んでいく」



 ちょっとコミカルな感じのする曲。エンディング映像は止め絵が中心ながらかなり凝っている。毎回エピソードに合わせた内容のイラストを中心に組まれていてなかなか楽しい。作り手のこだわりが見て取れます。作詞・作曲は秋田ひろむ、歌はamazarashi。

○挿入歌
 第1話から流れる挿入歌はどれも効果的に用いられており、ふと耳を傾けてしまう。全曲、やまだ豊による作・編曲。
「ON MY OWN」(第1話)
作詞・歌 / Katherine Liner
「GLASSY SKY」(第2話、第5話、第8話)
作詞 / 胡麻本りさ、NORIO JOSEPH AONO、歌 / ドナ・バーク
「Wanderers」(第4話)
作詞 / 胡麻本りさ、NORIO JOSEPH AONO、歌 / ルシュカ
「Alone」(第7話)
作詞 / 胡麻本りさ、NORIO JOSEPH AONO、歌 / JULIA SHORTREED
「Colour My World」(第8話)
作詞 / JULIA SHORTREED、HENRI OHARA、歌 / JULIA SHORTREED

★サブタイトル
 第1期に続いて漢字2字の漢語になっている。例外は第12話。ここは「金木」でよかったのでは。
第1話 新洸
第2話 舞花
第3話 吊人
第4話 深層
第5話 裂目
第6話 千路
第7話 透過
第8話 旧九
第9話 街望
第10話 終雨
第11話 溢花
第12話 研
posted by KAZU at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2021年01月01日

「東京喰種トーキョーグール√A」(4)

○鉢川忠 / 三宅健太
 眼鏡をかけ、コートの襟で口元を隠している男性捜査官。梟討伐戦では因縁の敵・黒狗と対戦。残っていた民間人を「先の短いババアを生かすより、黒狗を殺すほうが利益になる」と言い放ち巻き添えにして重症を負わすが、突然現れたカネキにクインケを破壊された上、吹き飛ばされる。

○滝澤政道 / 立花慎之介



 20区担当の男性捜査官。法寺のパートナー。アカデミーを次席で卒業、アキラと同期。梟討伐戦ではアキラを第四隊の救援に向かわせた後、タタラとノロの急襲に自身以外は全滅。単身タタラに立ち向かったが殺される。

○永近英良 / 豊永利行



 カネキの親友、上井大学の学生。CCGに局員補佐のアルバイトとして働いていた。後に捜査官補佐となり梟討伐作戦に参加して重症を負う。あんていくでカネキと再会するも絶命する。遺体はカネキによってCCGの元へ運ばた。

○小坂依子 / 赤ア千夏



 トーカの親友、清巳高校の生徒。トーカのことを常に気にかけているが、正体には気付いていない。調理師を目指している。

○西野貴未 / 小堀友里絵



 ニシキの恋人。上井大学の医学部生。ニシキが喰種であることを知ってなお、自身を彼の食糧に供するなど深い愛情を抱いている。梟掃討戦を機にニシキとは別れる。

○憂那(うきな)/ 寿美菜子



 若き頃の芳村功善が出会った女性。正体を知っても功善と生きることを選んだ。功善と共に組織から逃亡する中で刺客に殺害された。エトの母親。

posted by KAZU at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション