2019年12月24日

「僧侶と交わる色欲の夜に…」(1)



 「僧侶と交わる色欲の夜に…」は2017年に公開されたアニメ作品。原作は真臣レオンのComicFestaに掲載されたネット配信コミック作品で、これを元に1話5分の短編アニメ作品として制作された。1話5分のアニメというと「旦那が何を言っているか分からない件」を思い出すが、同じ5分でも内容は大違い。
 監督は荒木英樹、シリーズ構成・脚本にたかだ誠、キャラクターデザイン・総作画監督はあおばみずき、音楽にFish☆Man、音響制作にCloud22、制作はアニメーションスタジオ・セブン、製作・著作は九条くんの煩悩を見守る会。本編12話+総集編の全13話。公開された通常版とR18指定の大人版がある。コミックのアニメ化らしくショートストーリーの1話完結にはなっておらず、全話で1本のストーリーな感じに仕上がっている。
 ComicFestaのネット配信コミックからの初のアニメ作品で、以後次々とアニメ化されて配信されている。R-18指定でノーカット版はアニメZONE配信の完全版でのみ見ることができる。
 通常版ではアダルトシーンは止め絵や「TERA劇場」というミニコーナーに差し替えられていて、特に止め絵のところは違和感がいっぱい。完全版では局部モザイク描写のかなりきわどい映像になっている。原作がちゃんとあってそのアニメ作品なので、ストーリーはきちっと描かれていて低俗的な作品ではないけれど、アダルトシーンだけに注目するとここまで描く必要あるのか?と思ってしまう。

★ストーリー
 ヒロインの深谷美桜は大学生。中学の同窓会に出かけ、当時の片想いの相手九条隆秀と再会する。ところが、彼は実家が仏教の寺で、家業を継いで僧侶になっていた。帽子を脱いだ頭は剃髪されており、僧侶になってしまえば色恋には無縁だろうと、勝手な思い込みで美桜はがっかりする。落ち込んだ気分で深酒をしてしまい帰り道で泥酔して倒れ込んだところを九条が助け起こして、家まで送る。ベッドに倒れ込んだ美桜にコップの水を持ってきた九条だったが、美桜の下着を見た九条は「僧侶の前に、俺だって男だよ」「煽られれば欲情だってする」「僧侶だって恋愛もするし、結婚もする、セックスだってするよ」と美桜におおいかぶさる。その夜は最後までいかなかったのだが…翌日、九条は頼みがあると美桜を実家の寺へ連れて行き、両親の前で「婚約者の深谷美桜さんです」と紹介する。両親から気の進まない見合いをするように言われておりそれを避けるための婚約者芝居をしてくれていう。ところが中学時代から九条も美桜のことが好きだった。寺に住み込みで手伝うようになり、大学にも通いと忙しい毎日のなかで、美桜と九条の愛情と身体の絡み合いを描く。
posted by KAZU at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション