2019年12月14日

「はたらく細胞」(1)



 「はたらく細胞」(Cells at Work!)は2018年7月〜9月に放映されたアニメ作品。原作は清水茜による同タイトルの漫画。監督は鈴木健一、キャラクターデザインに吉田隆彦・玉置敬子、音楽に末廣健一郎・MAYUKO、音楽制作にアニプレックス。制作はdavid production、製作はアニプレックス、講談社、david production。本編13話+特別編の全14話。
 人間の体内にある細胞や体外から侵入してくる菌やウイルス、寄生虫などを擬人化してその動きや働きを描く。キャラは一般名で表現されていて名前がなく、個体識別番号でもってそれぞれのキャラに個性を与えている。菌やウイルスは怪人、寄生虫はモンスターとして描かれる。
 この手の擬人化作品は科学的解説を小さな子にも解りやすくするのには大変効果が高く実際教育現場でも評価が高い。反面余分な感情表現が付けられると感情移入してしまうので弊害も多いと思うのだが。そんなわけでちょっと見ただけでパスしていた作品なのだが、思った以上に人気が高く、原画展まで開催されているのでスルーはダメだなと見てみた次第。僕的には評価は余り変わらないけど、ナレーションが能登麻美子さんで感激。マクロファージの声が井上喜久子さんで、キャラにピッタリはまっていて、これには爆笑した。

★サブタイトル
第1話 肺炎球菌
第2話 すり傷
第3話 インフルエンザ
第4話 食中毒
第5話 スギ花粉アレルギー
第6話 赤芽球と骨髄球
第7話 がん細胞
第8話 血液循環
第9話 胸腺細胞
第10話 黄色ブドウ球菌
第11話 熱中症
第12話 出血性ショック(前編)
第13話 出血性ショック(後編)
特別編 風邪症候群
posted by KAZU at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション