2019年10月08日

「とある科学の一方通行」(3)

★キャラクター&キャスト

 つづきを。

○菱形幹比古 / 逢坂良太



 「能力がどこに宿るか」を調べる実験を行なっていた「プロデュース」の研究者。DAの協力者。
 自分の研究の成果によって誰もがレベル6になれる時代が来ると信じていた。そのため妹の蛭魅が実験に協力しようとするも時期を延ばして実験体しないようにしていた。妹が自殺したため、エステルと協力して完全なる肉体と脳をもつ絶対的能力者を作ることをめざすようになる。エステルが蛭魅を破壊しようとするが立ちふさがって守り、腹部に致命傷を負う。妹の中身が檮杌にすり変わっていた事を知り、エステル達に協力したが最後は絶命する。

○菱形蛭魅(ひしがたひるみ) / 真野あゆみ



 幹比古の妹。不治の病に冒されており余命に不安を持っていたが、兄から実験の開始が2年先と告げられ、待つことができずに自殺する。自分の死を無駄にしないようにとメッセージを残し、それに従い兄は蘇生させることに成功する。しかし、既に「檮杌」の疑似魂魄に乗っ取られおり「檮杌」が蛭魅を演じていた。

○檮杌(とうこつ)
 ローゼンタール家4代目イサクの魂魄が転写されたナンバーズの悪霊。ローゼンタール家の悲願「完全なるゴレム」の創造達成を最優先にするように設定されており、当主であるエステルの命令も無視する。エステル、禍斗、10046号の手で「舜帝の剣」を突き刺されリセットされて沈黙する。

○芳川桔梗 / 冬馬由美
 「絶対能力進化計画」に関わっていた研究者。本編で負傷してアクセラレータと同様に入院中。暗部の研究の中心にいただけあり、情報収集には長けている。

○冥土帰し(ヘヴンキャンセラー) / 仲野裕
 第7学区にあるアクセラレータが入院している病院に勤めるカエル顔の医師。

○亡本裏蔵 / 田所陽向
 学園都市統括理事会の一人。自らの居場所を特定されないよう学園都市の地下を走り続ける列車に乗って常に移動している。DAを利用するため援助を行っていたが、暴走が目立つようになったために、情報を開示した上で屍食部隊に抹殺の依頼をする。



○リタ / 藤田茜
 「屍食部隊(スカベンジャー)」のリーダー。交差した手のマークをプリントしたマスクをしている少女。能力はレベル3の「鳥瞰把握(プレデター)」。亡本からDAの殲滅作戦を依頼され、メンバー3人を連れて行動を起こす。作戦を組立てメンバーに伝えて実行させるのが役目。アクセラレータの圧倒的な力に次の作戦を考え出すことができず、恐怖のあまり失神した。

○ナル / 古賀葵
 「屍食部隊」のメンバー。左目の下に髑髏のマークを入れた少女。能力はレベル3の「浸紙念力(パーフェクトペーパー)」で、紙を使った念動能力者。普段着ている服も紙でできている。紙を金属並に硬くしたり、布のように柔軟にしたりできる。メンバーのエースであり実戦担当。

○清ケ(せいけ) / 貫井柚佳
 「屍食部隊」のメンバー。舌に刺青を入れたロングヘアー、セーラー服の少女。能力は摩擦係数の制御。制御できるのは1m以内で3分と制限が大きいが能力は大きそう。アクセラレータに一撃で倒される。

○薬丸 / 西田望見
 「屍食部隊」のメンバー。ハンチング帽をかぶった少女。能力は「液比転換(ミックスマスター)」。液体の比重操作して分離する。危険な液体を分離して安全に運ぶのが得意で、逆に分離を解くことで起こる反応を操る。

○イサク=ローゼンタール / 寺島拓篤
 ローゼンタール家4代目当主。故人だが息子で5代目のネイサンに魂魄を檮杌に転写させ現代に甦る。禁忌を犯して中国へ流されるも、中国の跳屍術を取り入れて、ローゼンタールの死霊術を完成させた。



○初春飾利 / 豊崎愛生
 柵川中学校1年生のジャッジメントの少女。
○佐天涙子 / 伊藤かな恵
 柵川中学校1年生の少女。
 ストーリーに全く絡まない学園都市内での一コマとして登場。例によって佐天が初春のスカートを派手にめくるシーンのみ。原作にも描写があるんでしょうね。でも何故にここで登場するんでしょ。
posted by KAZU at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション