2019年09月13日

「Free! -Eternal Summer-」(5)



★雑感
◇さて、この手のアニメには良くあるパターンですが、最終話の全国大会での観客席に応援に来ている面々に関係者が一堂に会しています。殊にメインキャストの家族は一部を除いて本編では姿を見せていませんが、ここでこっそり描かれています。真琴の父母兄弟は本編で顔を見せていますが、遙の母は常に後ろ向きで顔は伏せたまま、父は一度も登場していません。渚と怜の父母も同様です。放映当時の資料を見ての情報ですので、直接確認していませんので、ここでは敢えて指し示すことは控えておきます。顔が似ているので間違いないとは思いますが。

◇もうひとつおもしろいのが凛が遙を連れてオーストラリアへ行った時の英語の会話。舞台がアメリカなら当然アメリカ訛りの英語が飛び交うところですね。オーストラリア訛りは感じられませんでしたが、響きがブリティッシュイングリッシュで僕には分かり良いです。自然な会話口調でオーストラリア・シドニーでの庶民の会話らしい設定も作り手のこだわりを感じさせます。

◇OVA/Extra Fr 禁断のオールハード
 本編の最終話から時間を少し巻き戻して、遙、真琴、渚、怜が鮫柄学園の学園祭を訪れた日のことが描かれています。勿論、水泳には関係なくて独立のエピソード、文字通りのExtraです。
 鮫柄学園水泳部の出し物は伝統の「地獄のメイドカフェ」。男子校である鮫柄学園でのメイドは1年生と2年生。3年生は執事役。仁鳥のメイド姿がメチャ似合ってます。その後校内を案内する凛と宗介。そして8人が学校に関係なく二組に分かれて、学園内で水鉄砲を使ったサバイバルゲームを行うことになります。キャラクター萌えする女子にはなかなかおもしろいエピソードかと。青チームは遙、宗介、渚、百太郎、赤チームは凛、真琴、似鳥、怜。最後は凛と遙の一騎討ちになりますが、遙が水を避けずに浴びて赤チームの勝利。互いに名前で呼び合って「またな」と帰っていく岩鳶の面々。「勝った気がしねえ」という凛のセリフが妙に後に残ります。
posted by KAZU at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月12日

「Free! -Eternal Summer-」(4)

★主題歌
○オープニング「Dried Up Youthful Fame」



 YORKE作詞、Ta_2作曲、eba編曲、歌はOLDCODEX。

○エンディング
・「FUTURE FISH」



 こだまさおり作詞、本田光史郎作曲、本田光史郎・TAKAROT編曲、歌はSTYLE FIVE (遙、真琴、凛、渚、怜)。1〜12話及びOVAのエンディング。第1期同様に、エンディング映像コミカルに描かれています。
・「Clear Blue Departure」



 第13話だけに使用されたスペシャルエンディング。こだまさおり作詞、加藤達也作・編曲、歌は七瀬遙、橘真琴、葉月渚、竜ヶ崎怜、松岡凛、山崎宗介、似鳥愛一郎、御子柴百太郎、メインキャラクターが歌います。

★サブタイトル
 第1期に引き続き「○○の××」のパターン、やはり内容を想像しにくいサブタイトルです。

1Fr 嵐のダイブダッシュ!
2Fr 邂逅のストローク!
3Fr 別れのバタフライ!
4Fr 約束のサマーソルトターン!
5Fr 決意のヘッドアップ!
6Fr 無敵のプライム!
7Fr 雪辱のクラウチングスタート!
8Fr 変局のロコモーティブ!
9Fr 失速のフォーミング!
10Fr 涙のシックスビート!
11Fr 運命のネバーターン!
12Fr 異郷のスイムオフ!
13Fr はじまりのエターナルサマー!
Extra Fr(OVA) 禁断のオールハード!

posted by KAZU at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月11日

「Free! -Eternal Summer-」(3)



★キャラクター&キャスト
 前回のつづき。

○松岡江(まつおかごう)/ 渡辺明乃
 岩鳶高校2年、水泳部マネージャー。凛の妹。

○天方美帆(あまかたみほ)/ 雪野五月
 岩鳶高校の古文の教師で遙と真琴の担任。

○花村千種(はなむらちぐさ)/ 佐藤聡美
 岩鳶高校2年、江の友人、書道部員。水泳部の応援にかけつける。

○世良忠典(せらただのり)/ 吉野裕行
 岩鳶高校3年。陸上部の部長。図書館で会った怜に陸上部に戻ってこないかと声をかける。怜は勿論断ったが、全国大会出場を決めた後お祝いを述べに怜の教室まで出向いている。また全国大会では応援に来ている姿が観覧席に見える。

○御子柴清十郎(みこしばせいじゅうろう)/ 津田健次郎
 鮫柄学園の前水泳部部長。百太郎の兄。

○笹部吾朗(ささべごろう)/ 家中宏
 遙たちが通っていたスイミングクラブのコーチ。倒産したスイミングクラブの買い手が更に倒産したため、祖父のイカ釣り漁船を基に買い戻し岩鳶SCリターンズをオープンさせる。

○鴫野貴澄(しぎのきすみ)/ 鈴木千尋、佐藤利奈(小学生時代)
 凛と宗介とは小学校時代に、遙と真琴とは中学時代の同級生。スイミングクラブでコーチを手伝っていた真琴の生徒の兄。弟を迎えに来た際に真琴と再会。病院で会った宗介が肩を壊していることを知り、遙に伝える。


posted by KAZU at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月08日

「Free! -Eternal Summer-」(2)



★キャラクター&キャスト
 第1期よ重複することになるの基本データは第1期の記事を参照。異なる部分だけを記述します。

○七瀬遙(ななせはるか)/島ア信長
 本作の主人公。岩鳶高校3年。好物は鯖、料理が得意。手先が器用で部員集めのためイワトビちゃんを彫ったりもしていた。父は単身赴任、母が同行しているため一人暮らし。

○橘真琴(たちばなまこと)/鈴木達央
 岩鳶高校3年生、水泳部部長。両親と弟の蓮(声 / 丸山有香)、妹の蘭(声 / 小堀幸)の4人暮らし。暗いところホラー系は苦手。

○葉月渚(はづきなぎさ)/代永翼
 岩鳶高校2年。甘いもの、イワトビックリパンが好物。成績がダウンして両親から水泳をやめるように言われ家出するが、仲間とともに両親を説得して水泳と勉強の両立をめざす。

○竜ヶ崎怜(りゅうがざきれい)/ 平川大輔
 岩鳶高校2年。数学、英語が得意で渚の勉強の手伝いもしている。バタフライしか泳げなかったが、凛に協力してもらい特訓、4種目とも泳げるようになる。

○松岡凛(まつおかりん)/ 宮野真守
 鮫柄学園3年、水泳部部長。オーストラリアで壁にぶつかり、帰国。第1期最終回でリレーを泳いで再び夢をおいかける。

○山崎宗介(やまざきそうすけ)/ 細谷佳正、悠木碧(小学生時代)
 凛の幼馴染で親友。肩を壊して水泳を止める決心をしたが、凛ともう一度泳ぐために鮫柄学園3年で転入。寮では凛のルームメイト。種目はバタフライで、全国トップテンの実力者。

○似鳥愛一郎(にとりあいいちろう)/ 宮田幸季
 鮫柄学園2年、凛に憧れ、同じチームで泳ぐことを夢見る。平泳ぎのタイムはのびず、県大会ではリレーメンバーに選ばれなかった。宗介の指導で自己ベストを出し、地方大会ではメンバーに選ばれる。

○御子柴百太郎(みこしばももたろう)/ 鈴村健一
 鮫柄学園1年、御子柴清十郎の弟。趣味はクワガタの採集と飼育。種目は背泳ぎ。水泳部には入っていなかったが、岩鳶スイミングクラブリターンズのイベントでリレーの背泳ぎ走者が出られなくなり、凛に捕獲されて急遽参加。それがきっかけで入部する。伸びのあるバサロ泳法が真骨頂。「日本海のラッコ」の異名を取る。
posted by KAZU at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

「Free! -Eternal Summer-」(1)



 「Free! -Eternal Summer-」は「Free!」の第2期作品として2014年7月から放映された作品。原作はおおじこうじのライトノベル「ハイ☆スピード!」、監督は内海紘子、音楽は加藤達也、制作は京都アニメーション、アニメーションDo、製作は岩鳶高校水泳部ES(第2期)、全13話+OVA。
 第1期が岩鳶高校水泳部の設立から1年目の夏まで、松岡凛との完全な和解までを描いていたのに対して、第2期では翌年の春から夏まで、遙と真琴が3年生の夏までを描く。第1期は水泳競技が全面に押し出されていたが、2期では水泳以上に3年生の進路問題が大きく扱われている。

★ストーリー
 4月に入って新しい部員の獲得をめざす岩鳶高校水泳部だったが、部を維持できるギリギリの4名から増えることなくシーズンを迎える。一方鮫柄学園水泳部は凛が部長となり、凛の小学校時代からの親友・山崎宗介が転入して入部する。さらに前部長・御子柴の弟・百太郎を加え県大会に臨む。
 県大会では真琴も渚も怜も自己ベストの記録を残しながら残れず、遙は進路に迷いプレッシャーで泳ぎを途中で止めてしまう。鮫柄では山崎が肩を壊していたことが発覚、山崎は水泳を止める決意をしていたが、最後の夢をリレーにかける。岩鳶高校の4人もそれに応えて全力で泳ぎ全国進出を決める。
 迷う遙を凛はオーストラリアへ誘い、遙は世界で泳ぐという夢を見つけて帰国する。最終回の全国大会の応援席には関係者一同が集合。本編では登場しないメインキャラの家族たちも顔を見せる。エピローグでは遙たちがメドレーリレー全国大会6位入賞であったことが明らかに。
posted by KAZU at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月07日

「Free!」(4)

★主題歌
○オープニング



 全話を通じて「Rage on」。YORKE.作詞、Ta_2作曲、下畑"Rio"良介編曲、歌はOLDCODEX。オープニング映像は遙、真琴、渚、怜、凛の5人しか出てこないというこだわり。そして水の中の描写は実に丁寧です。

○エンディング



 1話から11話までが「SPLASH FREE」。こだまさおり作詞、渡辺泰司作・編曲、歌はSTYLE FIVE。エンディング映像は砂漠を旅する遙がオアシスでみんなと出会って水に飛び込むという演出。遊び心がおもしろいです。
 最終回のみ、スペシャルエンディングテーマと題して「EVER BLUE」。こだまさおり作詞、加藤達也作・編曲、歌はSTYLE FIVE。

★サブタイトル
 サブタイトルは「○○の××!」というパターンに統一されています。××の部分が水泳用語を中心にカタカナ語。そのためか、各エピソードをイメージで表していて、具体的にピンとくるところまではいかないところが難点。

1Fr 再会のスターティングブロック!
2Fr 追憶のディスタンス!
3Fr 理論のドルフィンキック!
4Fr 囚われのバタフライ!
5Fr 試練のオープンウォーター!
6Fr 衝撃のノーブリージング!
7Fr 決戦のスタイルワン!
8Fr 逆襲のメドレー!
9Fr 迷いのルーズンアップ!
10Fr 苛立ちのハートレイト!
11Fr 激情のオールアウト!
12Fr 遙かなるフリー!
posted by KAZU at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月05日

「Free!」(3)

★キャラクター&キャスト
 続いてサブキャラクターを。

○松岡凛(まつおかりん)/ 宮野真守、渡辺明乃(小学生時代)



 鮫柄学園2年。遙たちとは小学校時代のスイミングクラブでの仲間。オリンピック選手を目指してオーストラリアに水泳留学する。オーストラリアでは伸び悩み帰国、全寮制の鮫柄学園へ編入する。一旦水泳から離れていたが遙たちとの再会を機に水泳部に入部する。

○松岡江(まつおかごう)/ 渡辺明乃



 岩鳶高校1年、凛の妹。兄のかつての水泳仲間と再会し、水泳部の設立に協力、マネージャーになる。男性の筋肉体に興味を持ち、筋肉の部位や名称に詳しいばかりでなく見とれてしまう程の嗜好の持ち主。

○天方美帆(あまかたみほ)/ 雪野五月



 岩鳶高校の新任教師で担当教科は古文。遙と真琴の担任。生徒たちからは「天ちゃん先生」と呼ばれる。前職が「水着関係の仕事」という噂があり聞きつけた渚から水泳部の顧問を強引に頼まれる。実は前職は水着グラビアアイドルで芸名は「西九条まりん」。水泳の知識はないが、顧問としての仕事はきっちりしており、また担任としての真面目な教師の顔も持つ。前職がグラビアアイドルとは思えない見事な教師ぶりを発揮する。

○御子柴清十郎(みこしばせいじゅうろう)/ 津田健次郎



 鮫柄学園3年、水泳部部長。種目はフリーで部員を率いる統率力だけでなく、泳ぎも大会新記録を出す実力派。

○似鳥愛一郎(にとりあいいちろう)/ 宮田幸季



 鮫柄学園1年で凛を慕う水泳部部員。全寮制の鮫柄学園の寮で凛と同室。小学生時代に凛や遙たちと隣のコースで泳いでおり、当時から既知の間柄。凛に持久力を買われてフリーの長距離を泳ぐ。

○笹部吾朗(ささべごろう)/ 家中宏



 遙たちが通っていたスイミングクラブのオーナーでコーチ。スイミングクラブが倒産してピザ屋で宅配のアルバイトをしている。最初は遙たちにしぶしぶ協力していたが正式に岩鳶高校水泳部のコーチとなり遙たちを鍛え上げる。美帆がグラビアアイドルであることに初めて気付く、西九条まりんの元ファン。
posted by KAZU at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション