2019年04月14日

「L change the WorLd」(5)

★主題歌



 「デスノート」の前後編と同じく配給はワーナー・ブラザース映画。それも影響してかアメリカのアーチストの曲を起用しています。 レニー・クラヴィッツLenny Kravitzのファーストシングルだそうで、「アイル・ビー・ウェイティング」I'll Be Waiting。
 映画のエンドロールで流れる曲は、最後に一度聞くだけですから、本編の結末の雰囲気を色濃く醸しだす曲が多いですね。この曲も“雰囲気”という意味ではなかなかぴったりくるところがあります。残念ながら歌詞の内容を理解できるほどの語学がないので、歌詞がどの程度、本編とリンクしているかはわからなかったですが。作詞:LENNY KRAVITZ、作曲:LENNY KRAVITZ/CRAIG ROSS、歌:LENNY KRAVITZ。


HE BROKE YOUR HEART
HE TOOK YOUR SOUL
YOU HURT INSIDE 'CAUSE THERE'S A HOLE
YOU NEED SOME TIME TO BE ALONE
THEN YOU WILL FIND WHAT YOU'VE ALWAYS KNOWN
I'M THE ONE WHO REALLY LOVES YOU BABY
I'VE BEEN KNOCKING AT YOUR DOOR
AS LONG AS I'M LIVING
I'LL BE WATING
posted by KAZU at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮