2018年02月07日

「妖怪アパートの幽雅な日常」(3)

キャラクター&キャストのつづき。

〇前田 / 青山穣



 夕士が不思議な声に誘われて入った「前田不動産」の店主。賄い付きで格安の寿荘を夕士に紹介する。「幽霊が出る」との話を認識していた。

〇大家



 妖怪アパートの大家。207号室の住人でもある。巨漢の黒坊主で、着物を着ている。「部屋代」の取り立ては厳しい。時空の穴を開ける超能力を持っているが、この能力を使うと消耗が激しいようで白くなって卒倒する。

〇佐藤幸司 / 遊佐浩二



 全く人の姿をした妖怪。208号室の住人。人間社会で何度も人生を繰り返している。現在は化粧品会社に勤務して課長さん。部下にも慕われているようだ。行き詰まった夕士の相談にのってやるなど面倒見も良い。

〇クリ / 釘宮理恵
 母親に虐待された末に死んだ男の子の幽霊。母親からの虐待で喋ることも笑うこともできない。

〇シロ / 田村睦心
 犬の幽霊。虐待されていたクリに付いて世話をしていた白犬。クリを殺した母をかみ殺したが、狂犬として隣人たちに殺される。死後はクリと共に行動し、母の亡霊がクリを取り返しに来たため、クリを母から守るために犬神の聖域にクリを連れて駆け込む。犬神大王の計らいで寿荘に住むことになる。

〇まり子 / 三石琴乃



 ハイプロポーションの美女の幽霊。101号室の住民。

〇るり子



 寿荘の賄い、料理を提供する手だけの幽霊。生前はホステスで料理屋を開くのが夢だったが客に殺される。手だけのため喋ることができない。料理の腕は高く住民は勿論、夕士の弁当を食べた学友からも絶賛されている。

〇華子 / 釘宮理恵
 着物姿の女性の幽霊。普段は玄関で「いってらっしゃい」「おかえりなさい」を言うだけで姿は見せない。
posted by KAZU at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション