2017年07月22日

「アマガミSS+plus」(1)



 「アマガミSS+plus」は2012年にTBS、サンテレビ他で放映された「アマガミSS」の第2期作品。タイトルは+plusとなっているが、読みは「プラス」にしている。監督は小林智樹、キャラクターデザインに合田浩章、音楽に大森俊之、制作はAIC、製作はアマガミSS+製作委員会・TBS。全13話。
 前作同様にヒロインごとにオムニバス形式で、前作の後日談を描いている。6人のメインヒロインは2話、橘美也編は1話完結になっている。原作はエンターブレインのプレイステーション2用ソフト「アマガミ」であるが、前作で主人公とヒロインは恋人どうしになっているため、ゲーム的な要素はなくて一般的なラブコメ作品に近い作風に仕上がっている。最終話の「美也編」は第1期の「妹」を描いた作風とは異なり、キャラクター総出演の入浴シーン集みたいなもので、これといった筋がない。絢辻詞編はシリアスでかつ現実的なストーリーで一番おもしろいかな。森島はるか編は正反対にぶっ飛んでいて現実的でないがゲーム感覚が良い。
 前作では森島はるか編と絢辻詞編は10年後がエピローグとして描かれたが、本作では七咲逢編で大学に合格して独り暮らしを始めた純一の部屋から花火を見るシーン、中多紗江編では8年後、純一が娘と身重の紗江を連れて「イナゴマスク」のキャラクターショウを見るシーン、そして森島はるか編では純一とはるかの結婚式のシーンが描かれています。
posted by KAZU at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション