2017年02月12日

アニメの楽器演奏シーン〜「ライブアライブ」

 いつだったか、数年前「オバケのQ太郎」のテレビの最初のシリーズをアニメの特番か何かで流していた。画が古くて粗いのはともかく動きがすごくギクシャクしているのに驚いた。昔はこんなのを見ていたのかと。今のシャープな動きは徐々に進んで来たのだろう。少しずつ変わっていけば気づかない。
 反対にこれはスゴイと思った動きがある。「涼宮ハルヒの憂鬱」の「ライブアライブ」での楽器演奏のシーン。ユキのギターもさることながら、ドラムスの見事な動きに驚いた。何てリアル。作画の過程に色々な手法があるのだろうけれど、実際に人が演奏しているようで素晴らしい。
 あれから数年、先日見た「響け!ユーフォニアム」の楽器演奏のシーンに「ハルヒ」程の感動はなかったけれど吹奏楽特有の動作を見つけて、よく描いているなあと感心した次第。
 同じ音楽をテーマにした作品でも「けいおん!」や「のだめカンタービレ」はコンセプトが異なるのだろう。それ程演奏の動きに感動はなかった。確かにピアノの指の動きは千秋にしてものだめにしても実にリアルなのだが。

 まずは「ライブアライブ」から。


ENOZのドラム・ミズキ。


静止画ではわかりませんが、手の動きと共に楽器もちゃんと動いています。


ENOZのベース・マイ。




「ギターはほとんど担いでいるだけ」というヴォーカルのハルヒですが、「Lost my music」の前奏では掻き鳴らしのらしい演奏を見せています。


臨時のギターをつとめたユキ。観衆を一気に引き込んだ前奏を「楽譜を一度ながめただけで完璧に弾いた」というから、さすがヒューマノイド型インターフェイスです。



 まだ「涼宮ハルヒの憂鬱」を見たことない方は「ライブアライブ」是非一度ごらんください。指(手)の動きに注目の1本。
posted by KAZU at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション