2016年12月20日

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」(3)



★主題歌
 オープニングは「宇宙戦艦ヤマト2199」。宮川泰作曲、宮川彬良編曲。VIOLIN & CO PRODUSEに葉加瀬太郎。「宇宙戦艦ヤマト」のヴァイオリンアレンジ曲で葉加瀬太郎が演奏。独特の雰囲気を醸し出す。ささきいさおのボーカルにこだわった方が僕は良かったと思うのだけれど。シリーズから離れた孤立した感覚をオープニングで受けた。作り手の方は逆に「コレは別物」という意図だったのか。



 エンディングは「Great Harmony 〜for yamato 2199」。吉元由美作詞、宮川彬良作・編曲、歌は平原綾香。エピローグの後のエンドロールに流れたので突然始まった付け足しのような感がぬぐえないのが残念。エンドロールの後でワンカットほしかった。



 挿入歌に「わかれ」。BGMとして流れたのではなく沖田艦長のコレクションのレコードで登場、沖田艦長の部屋を訪ねた古代がレコードで聞く場面と、ガミラス艦との航路分かれる場面に両艦に艦内放送されるという場面に使われている。ドイツ民謡「ムシデン」版、岡本敏明訳詞、宮川彬良編曲、東京混声合唱団の歌唱。中学か高校かの音楽の教科書にも載っていた、聞いてみると覚えのある曲。
posted by KAZU at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション