2016年09月17日

「彼女と彼女の猫」



「彼女と彼女の猫」は新海誠監督の原点といわれている短編アニメ作品。1999年の制作、2000年の公開。4分46秒のモノクロ作品で独り暮らしの女性とその白い飼い猫チョビくんとの日常をチョビの目から描いている。個人で制作した自主アニメ作品で、当時のPowerMac7600で制作したというから驚きだ。その頃はPowerMacの7000系でQuarkExpress4.0にIllustrator5.5、PhotoShop5でDTPの仕事をしていた。映像のチョビは漫画チックでイラスト風ながら、部屋の中、窓からの風景などは緻密でクオリティの高い映像。息をのむ程のリアリティが伝わってくる。
 ストーリーはチョビが彼女に拾われ、彼女の猫となり、彼女の生活の中にある具体的に語られない淋しさや、痛み、ぬくもり、などの感情が短い映像と音楽、新海監督が声を演じるチョビの言葉を通じて視聴者に語りかけてくる。
 原作・制作は新海誠、イラスト協力に篠原美香、音楽に天門、彼女の声を篠原美香、チョビ(白い雄猫)の声は新海誠。4分46秒、モノクロ。



posted by KAZU at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション